Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夏の本気。

そろそろ夏が本気を出してきた。

大阪はまだ梅雨明け宣言が出されていないけれど連日、気温が30度越え。そろそろ夏が本気を出してきた気がする。分かっちゃいたけど暑くなってくると体力の減り具合が半端ない。私は寒いのが苦手で「どんなに暑くても冬より夏が好きです」と言い続けてきたのだけれど、最近そうも言えなくなってきた。

暑い日は出来る事なら家でゆっくり過ごしたいところだけど、そうもいかないのが辛いところ。先日は午前中にスーパーと図書館行って帰宅。昼食後、実母の病院の付き添い。帰宅して数時間もしないうちに今度は小学校の見守り。合間に家事をこなし、何もかもが終わったPC内職をしようかとPCに向かってみたものの、全く仕事が手に付かないと言うテイタラク。結局、夕方まで居間でだらしなくひっくり返っていた。

夏の暑い時は極力、外出を控えた方が良いのはよく分かっている。出来れば1度で済ませたいのだけど、方向が違ったり時間が違ったりして都合の良くはいかないものだ。暑さでバテてしまって、やりたい事が出来ないのは地味にストレスだけど「夏はこんなもの」と言う割り切りが必要なのかな…と思ったりしている。

夏はどうやって過ごすのが正しいのか分からなくなる時がある。

・冷たいものばかり飲まず温かい物を身体に入れましょう
・無理せずエアコンをつけましょう
・冷えた室内にずっといるのは身体に良くありません
・暑い時はしっかり夏野菜食べて身体を冷やしましょう
・身体を冷やす食べ物は良くありません
・適度な休息を取りましょう
・暑いからと言ってじっとしてばかりでは身体に良くありません

……と。どれも「なるほど! 確かにそうですね」と思える事ばかりなのだけど、同時に成立しない物もあり「いったい何が正しいのか?」と言う気持ちになってしまう。実際のところは、自分に出来る事(と言うか自分が信じられること)を実践するしかないのだろうけど。

暑さ負けするのも嫌だし、冷房にガッツリ浸かって秋頃にバテるのも嫌だと言うジレンマ。そんなジレンマを抱えつつ今年も淡々と夏をやり過ごしていこう思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました