読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

娘と舞洲ゆり園へ。2017年。

日曜日は夫は遠方から来る友達と遊ぶ約束をしていたので、娘と2人で過ごすことに。ゆりが見頃との事っだったので、娘と2人で舞洲ゆり園へ行ってきた。

舞洲ゆり園は開園5年目の比較的新しい観光地。大阪湾を望む舞洲の一角にあって交通の便が悪く開園当初は「こんな不便な場所にお客さん来るの?」と仰天したものだけど、その不便さを乗り越えてでも行く価値のある場所だと思う。

以前にも行ったことがあるのだけれど、今年も行ってみることに。

舞洲ゆり園はけっこうな人気でバス等が混雑するのを避け、開園する午前9時を目指して家を出た。

早めに出掛けたので電車もバスも混み合っておらず、座って往復する事が出来た。初めて行った時は勝手が分からずスシ詰めのバスに乗っていったので、来年以降も行くのなら開園直後にしようと思う。

この日は曇りで暑くなく海辺は半袖だと肌寒いくらい。朝イチのせいかゆり園も混み合っておらず、ゆっくり百合を楽しむことが出来た。

大阪湾を望むゆり園は本当に素晴らしくて、見ているだけで心が晴れる。この時期、大阪観光にくる事があれば「あえて」でも行っていただきたいと思うほど。

朝露の輝く百合も美しいけれど、夕陽の見えるタイミングに来ても綺麗なんじゃないかな…と思う。花の好きな義母を連れてきたあげたいなぁ…と思った。義母が車椅子に乗るのを嫌がらないのなら見せてあげたいのだけどなぁ。

ゆり園には気球やヘリコプターに乗って空から百合を見るサービスもあるのだれりど、風が強くて気球は営業しておらず、ヘリコプターは搭乗するのがお高過ぎて断念。

娘と2人で歩いて見学し、ゆり園を出てからたは南港へ移動した。

南港では海の見えるサイゼリヤで食事をした。南港のサイゼリヤは立地が最高で本当にオススメ。

丁度、サンフラワー号が停泊していて、娘と海を眺めながら食事。我が家はどうしても、緑地公園とか山とかに行くことが多いのだけど、たまにはこんな観光系のレジャーも良いものだ…と言うか、私は本来観光系のレジャーの方が好きなのだけど。

南港では海岸を歩いたり、ショッピングモールをのぞいたりして早々に撤収。地元スーパーで夕食の買い物をして帰宅した。

山とか海とか。自然の風景や広々として景色って良いものだ。毎日の生活が辛い…って訳ではないけれど、それでも地味にストレスが堆積していく訳で、美しい風景の中に身を置くとそのストレスが一気に解消出来る気がするのだ。

舞洲ゆり園。我が家からはちょっと遠くて「頑張って出掛けななきゃ」な感じがある場所だけど、出来ることなら来年も観に行きたいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました