Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

住宅ローンの完済手続き。

年内に住宅ローンを完済することになった。

結婚と同時に中古住宅を購入して10年。何度か繰上返済をしてきたのだけど、今回の繰上返済でメデタく完済。

我が家は築47年の中古住宅で返済総額自体大したことが無かったのだけど、借金がなくなるのは嬉しいことだし、住宅ローンとして支払っている金額を毎月貯金出来るようになるのはありがたい。

それにしても。住宅ローンの完済手続きがこんなに面倒だとは思ってもみなかった。

かつて何度か行ってきた繰上返済は毎回WEBから申し込んでいた。

繰上返済は手数料もかからないしクリック1つで実に簡単。なので今回もそのつもりではたのだけれど、完済する場合はWEBからは出来ないとのこと。

仕方がないのでお客様センターに手続きの段取りを聞こうと電話したところ「支店に連絡してください」とのこと。支店に電話をすると今度は「ご家族てはなくご本人様に来ていただく必要があります」との返事が返ってきた。

「娘が学校に行っている間に私が店舗に行って手続きすればいいや」くらいの気軽な気持ちでいたので、まさかの展開にビックリ。

当然ながら夫は平日仕事なので、お正月休み初日の12月30日に夫自身が完済手続きに行くことになった。

ちなみに。住宅ローンを完済すると、法務局で「抵当権抹消登記手続き」をする必要があるらしい。

抵当権抹消登記手続きは司法書士に頼むと10000円から20000円かかるとの事。この手続は素人でも出来るそうなので、こちらについては年が明けてから私が法務局に出向こうと思っている。

よくよく考えてみれば当たり前の事なのだけど、ローンって組むときも色々面倒な手続きがあるけれど終わる時にも色々手続きがあるとは知らなかった。私には知らない事が多過ぎる。

滑り込みセーフ的ではあるけれど年内に銀行の手続きだけでも片付くのは嬉しいことだ。

これを機会に銀行関係も綺麗に整理する予定。色々面倒臭そうだけど1つ1つ片付けていきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました