Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

最近のお楽しみ。

最近、お昼ご飯が楽しみで仕方がない。

「食べる事が楽しみです」だなんて、他に楽しい事が無い人みたいでどうかと思うのだけど、お昼ご飯を手抜きしなくなってから1人で食べるお昼ご飯も「楽しみだ」と思えるようになった。

それまで1人のお昼ご飯となると、いい加減な物ばかり食べていた。

何を食べてたかと言うと……恥ずかしくてご紹介出来ない感じ。「主婦のお昼ご飯なんて、こんなもの」と言ってしまえばそうなのだろうし「自分の為に料理をするなんてゴメンだ」と言う気持ちがあったのも事実だけど、食べる事を疎かににするのも限度があると言うか、あれは人として駄目だったと思う。

じゃあ、どうして唐突に「1人で食べるお昼ご飯もちゃんとしよう」と思うようになったかと言うと「食べないと身体が持たない」と言う単純な理由から。

今まで、どうしてあんないい加減なお昼で大丈夫だったのか不思議に思う。童謡『おなかのへるうた』ではないけれど、朝食をしっかり食べているのに昼前ににはお腹が空いている。

お昼をしっかり食べているので間食はしないけれど、夕食の時にはやはりお腹が空いている…と言う感じ。体重の変化はないので、食べた分は消費出来ているのだと思う。

夫がお弁当を持っていく日は、私も自分用にお弁当を作っている。夫のお弁当のおかずの残りプラスαって感じ。

夫がお弁当を持っていない日は、丼だったり麺類だったり。ワンプレート物ばかりではあるけれど、ちゃんと料理して食べている。お弁当の日もそれはそれで楽しいけれど、お弁当がない日にスーパーに行って「今日は何を食べようかな。おっと…うどん玉に半額シール貼ってる! じゃあ、今日は焼きうどんにしようかな」なんて考えるのもそれはそれで楽しい。

1人昼食の良いところは、自分の食べたい物が食べられること。娘がいると辛い物がNGだったりするし、娘と私とで食べたいものが違う事も多いので、純粋に食事を楽しむメニューって感じではなくなってしまう。

そんな訳で自分1人の昼食を楽しむ日々が続いているのだけど、美味しく出来た時などは「ああ…この美味しさを誰かと分かち合いたい。

誰か、うちにご飯を食べに来てくれないかな」と思ってしまうから不思議だ。たぶん私は承認欲求が強過ぎるのだと思う。「美味しい」と言ってくれたら満足…みたいなところがあるらしい。

いつまで「1人でも昼ご飯ちゃんと作るブーム」が続くかは謎だけど、長続きしたらいいな…と思っている。

娘が夏休みに入ってしまえば、否が応でもお昼ご飯をちゃんと作らざるを得ないので、もう少し頑張れたらいいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました