読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

餃子。コロッケ。メンチカツ。

先日、生まれて初めてメンチカツを作った。

実家ではメンチカツを作る習慣が無かった。揚げ物と言うとトンカツか唐揚げ。コロッケは作ったけれど不思議とメンチカツは「お店で買って食べるもの」と言う風潮があり、結婚してからもなんとなく作った事が無かったのだ。

実際「同じ挽肉料理ならハンバーグを作った方がいいんじゃない?」と思っていたのだけれど、クックパッドを見ていたら猛烈にメンチカツが食べたくなって、クックパッドを参考にして春キャベツのメンチカツと言うものを作ってみた。

「家で作るメンチカツってこんなに美味しいんだ!」と驚愕した。

お店で買うのと全然違う。野菜が多めに配合されている事もあって、アッサリして胃もたれしないし、何よりも仕上がりが軽くて美味しいのだ。ビールを飲みながら何個でも食べられる感じ。夫と娘にも好評で、我が家の定番メニューになりそうだ。

最近、娘の成長と共に家事育児の余裕が出てきたせいか、私の中で「今まで作らなかった料理を作ってみよう」と言うウェーブが到来している。

Twitterで料理好きな人の献立なんかを見ていると「お。いいね。うちも作ろう」と思う事が多い。「特別な日の気合の入った献立」よりも、普段食べている普通の献立が参考になる。

私はどちらかと言うと料理を頑張っている主婦だと思うのだけど家庭料理の定番とも言える餃子とコロッケはいまだ納得のいくものが出来ていない。美味しいと評判のレシピを見て作っても「まぁ美味しいけど、家庭料理なりの味って感じだね」くらいの仕上がりで、そこまで手間暇かけて作るほどの美味しさとは思えないのだ。

正直「これだけ手間とお金をかけて、この程度なら冷凍餃子でいいんじゃない? その方が安いし」などと思ってしまう。

特に餃子はかなり色々試してみた。鶏スープゼラチンを仕込んでみたり、中国人直伝とか言う野菜多めのレシピを試してみたり。

どれもこれも、それなりには美味しいのだけど、それこそメンチカツのように「家で作る餃子ってこんなに美味しいんだ!」と感動するには至らない。コロッケも餃子と同様で、そこまで美味しい物を作れていない。

普通のご家庭の餃子とコロッケが食べてみたいなぁ…と切実に思う。

お店のじゃなくて普通のご家庭のがいい。「うちのお母さんの餃子は最高なんです」みたいなご家庭の餃子パーティにお呼ばれして、作り方教えて戴きたいのだけど、43年生きてきて、そんな機会は1度もなかった。

『クッキングパパ』みたいなシチュエーションって意外とありそうでないないものだ。

一般家庭ではどんな餃子やコロッケが食べられているのだろう?

美味しい物を食べるだけなら、お金さえ出せばどうなかなるけれど「よその家のご飯」って、食べたくても食べられない。もしかしたら私は餃子とコロッケを攻略出来ないまま死んでいくのかも知れないな……なんて事を思ったりする。いつか餃子とコロッケを完全攻略したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました