読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

夫の実家の大掃除。トイレ職人と風呂職人。

記事内に広告が含まれています。

今年も年末の恒例行事となっている夫の実家の大掃除を行った。

かつて義母は自分テリトリーに人が介入することを好まず「台所は自分の城。息子も嫁も口出しすることまかりならん」みたいなスタンスだったけれど、私と義母の付き合いが長くなった事により、義母からの信頼を獲得したことと、義母自身の身体が動かなくなってきた事から大掃除を任せてくれるようになった。

記録によると夫の実家の大掃除は2017年にスタートしている。初めて大掃除の後、むしろ義母は大掃除を楽しみにしてくれるようになり11月になると「いつ大掃除をしてくれるのか?」と催促してくれるようになったし、換気扇に至っては年度途中でも「そそろろ洗って欲しい」と言ってくれる。

大掃除は台所とお風呂を夫と分担して行っていて、娘がいたら窓拭きと室内の拭き掃除を任せているけれど、今年は娘が部活の大会で不在だったので夫と2人で行った。

今年の重点掃除箇所は3つ。

  1. 台所(換気扇含む)
  2. お風呂(カビ取り含む)
  3. トイレ←NEW!

夫の実家のトイレの汚さはずっと気になっていたのだけれど、今まで義母が「トイレはしなくていい。自分でやってるから」と頑なに拒んでいたのいで手を出していなかった。だけど今年はようやくOKを取り付けたので、今年はトイレ掃除を最重要項目に定めた。

猛烈に汚いトイレを攻めるにあたり「普通の洗剤では難しいな」ってことで、評判の良い洗剤を購入。お風呂洗剤も同じスリーズで揃えた。トイレ洗剤は「トイレ職人」。風呂洗剤は「風呂職人」。賃貸物件を保有している大家さんが愛用しているらしく、一般のスーパーでは販売していない。

トイレ職人も風呂職人も一般のスーパーでは販売していないけれど、品揃え豊富なホームセンターや通販(Amazon、楽天等)で購入可能。

ただしトイレ職人にしても風呂職人にしてもキツイ洗剤なので洗剤が衣服につくと衣服の色が抜けてしまう可能性がある。なので今年は100円ショップでレインコートを購入し、レインコート着用で作業に挑んだ。もちろん手は使い捨て手袋をつけての作業だ。

大掃除2023

大掃除2023

レインコート(上下)を着た私達夫婦はほとんどプロの業者。夫と互いの姿を見て「副業で高齢者宅の掃除を請け負った儲かるんじゃない?」と笑いあった。

それにして驚いたのはトイレ職人の威力。凄まじい洗浄力だった。もちろんメラミンスポンジ等も利用して、念入りに磨き上げたからこその話だけれど、尿石のこびりついた綺麗になって満足した。夫も風呂職人を気に入って「来年もコレ使おう!」と満足げだった。

トイレ掃除のビフォーアフター画像を載せておきます。「威力を知りたいので汚い画像見てもいいよ」って方のみ「+」ボタンを押してご覧ください。これでもマシな部分で撮影しました(便器手前の汚れはもっと絶望的でした)

トイレ職人と風呂職人。汚いトイレと風呂を生まれ変わらせたいと思う人に全力でオススメしたい。

トイレ職人と風呂職人。これほど強力な洗剤、正直言って我が家には必要ないし、まめに掃除をしている一般家庭でデイリーで使うような代物ではないけれど「気合い入れてガッツリ綺麗にしたい」っと時には間違いない洗剤だと思う。

お風呂とトイレが驚くほど綺麗になって義母もご満悦だった。台所については毎年行っているし、年度途中にも手を入れているので綺麗になったものの、トイレとお風呂ほどの変化はない感じ。

それにしても今年の夫実家の大掃除は満足度が高かった。

ありがとうトイレ職人&風呂職人! なお同じメーカーから台所用に油職人ってのも出ているっぽい。これもまた覚えておいて必要なら購入を検討したい。ここのメーカーは信頼出来る。

ちなみに。夫の実家は大掃除をしたけれど自分の家は大掃除をする予定はない。大掃除は気候の良い時にする派なのだ。

今年の夫実家の大掃除。私自身も満足したし、義母も喜んでくれて充実していた。また来年!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で