読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ダマスカス包丁を買ってしまった。

記事内に広告が含まれています。

包丁研ぎの人と会えなくなってしまった事をキッカケに包丁研ぎにハマってしまった私。ついに新しい包丁をポチってしまった。

今まではステンレス製V金10号の包丁を使っていて、大した不満はなかったのだけど「ステンレスの包丁を素人が研ぐのは難しい」と知ってから「素人でも研ぎやすい包丁がほしい」と言う思いが盛り上がってしまい、包丁のレビューを読みまくる日々を送っていた。

包丁って良い物になるとビックリするほど高い。だけど私は普通の主婦なのでプロ仕様のお高い包丁必要ない。そこそこ切れて、研ぎやすい包丁…でも、せっかく買うならカッコイイ包丁が欲しい。

毎日のように包丁のサイトを眺めてため息をついていた私に「そんなに欲しいならポチっちゃいなよ。今年の夏は色々頑張ったんだし自分へのご褒美だよ」と夫が背中を押してくれたので、思い切ってポチった次第。

私がポチった包丁

私がポチったのは貝印の関孫六ダマスカス包丁。スーパーの2階で売っているような包丁からするとお高いけれど「こただわりの和包丁」みたいな物かにするとお手頃価格。

関孫六のダマスカス包丁は関孫六シリーズの中でも「研ぎやすい」とされているし、何よりダマスカス鋼特有の柄(縞々柄)がなんかちょっとカッコイイ。

ダマスカス鋼の包丁

ダマスカス鋼の包丁

ちなみに。ダマスカス包丁とは異なる鋼材を何層も重ね合わせて作った包丁。なのでダマスカス包丁はどこのメーカーの物も独特の柄がついている。

そんな訳で毎日新しい包丁を使って料理をして1日1回は軽く包丁を研いでいる。包丁は研ぎ過ぎると良くないそうだけど、週1ペースでガッツリ研ぐよりも、毎日軽く手入れする方が私には合っている気がする。そして何より料理を終えて台所を片付けた後で包丁を少しだけ研ぐ…と言うルーティンは気持ちを整える良い時間になっている。

ちなみに。新しい包丁は素晴らしく使いやすくて切れ味が良いのだけれど、前に使っていたステンレス製の包丁もそこまで負けていなくて「もしかして…ちゃんと研いでいたのが良かったのかな?」と思ったりしている。ダマスカスの新しい包丁も大事に手入れして台所の相棒として末永く使っていきたい。

ちなみに。貝印のダマスカス包丁は各メーカーから出ているダマスカス包丁の中ではお手頃価格。Amazonだとかなりお得に買えるので「カッコイイ包丁が欲しいけどお高いのよね~」と躊躇している方には是非オススメしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で