読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

大阪天満宮で合格祈願。

日曜日だと言うのに娘はお弁当持ちで塾の模試と授業があった日、夫婦でウォーキングがてら大阪天満宮へ娘の高校受験の合格祈願に行ってきた。

実のところ私。さして信心深い…って訳じゃない。

神社やお寺の静かな雰囲気は大好きだし、建物大好き人間ではあるものの「信仰心があるの?」と聞かれたら「一般的な日本人くらいには…」って程度。

ただ夫とウォーキングをはじめてからは目的地として神社が最適だ…って事もあって、コロナ禍以降は何かと神社に詣でている。

娘の志望校が確定するまで、二転三転とすったもんだしたけれど、ようやく「もうこれで決める」と志望校がか確定したので学問の神様と言われる大阪天満宮へお参りすることにした。

菅原道真を祀る天満宮は全国津々浦々にある。福岡県の太宰府天満宮、京都の北野天満宮、東京の湯島天満宮。私の住んでいる地域にも地元の天神さんがあるけれど、大阪だと大阪天満宮が有名どころなので「せっかくだから」とウォーキングがてら行ってきた。

大阪天満宮

大阪天満宮

大阪天満宮には午後2時くらいに到着した。七五三やお宮詣りの家族連れや合格祈願に訪れる人で境内はそこそこ賑わっていた。私と夫もお参りを済ませて「じゃあ絵馬を奉納するか…」と社務所に向かったのだけど、何故か絵馬が売っていない。合格祈願系の物だと「合格守」と言うものが3000円で販売されていたけれど、お守りは特に求めていなかった。

「もしかしたら絵馬は別の場所で売っているのかも?」と境内を一周したけれど、社務所は1箇所しかなかった。「もしかして…」と合格守の見本が置いている場所をよく見てみると、合格守と一緒に絵馬も飾られてたった。

大阪天満宮の絵馬はバラ売りをしておらず「合格祈願セット」みたいな形になっていた。

格守(セット料金3000円)

格守(セット料金3000円)

ちなみに…セットの内容はこんな感じ。

  • 合格守(御札)
  • 絵馬
  • 合格祈願
  • 合格イベント参加券

ヲタクグッズで言うと通常版は設定しておらず、イベント参加券付き特装版のみの販売…ってイメージ。

一般的な神社の絵馬は500円に設定していることが多い。お高めの設定でも1000円。

一般的な絵馬価格からすると大阪天満宮の絵馬セットは6倍のお値段ではあるけれど、3000円のイベント参加券付き絵馬…初穂料納めさせて戴きました!

「上手い商売だなぁ…」と心底感心してしまった。

わざわざ合格祈願に訪れて「高いから止めておくわ」と思える人はなかなかいないと思う。そりゃあ高くても出すよね…って話。そのやり方…賢い!

そう言えば。ウォーキングで住吉大社に行ったときも参拝者がお金を落とすような仕掛けがあって感心したものだけど、その時「大阪は商売人の街なんだなぁ」と思ったものだ。

帰宅後、娘には絵馬の写真を見せて大阪天満宮へ合格祈願をしてきたことを伝えた。戴いたお守りは説明書にあった通り。机のある場所の壁に貼り付けている。

なんかこう…娘にかこつけて楽しい経験をさせてもらった。

私自身は50年行きてきて厄年だからと厄除けに行くことはなかったし、自分のために絵馬を書いたことも無いけれど「娘に」となると話は別。お宮詣りも行ったし七五三もした。今回は合格祈願に訪れている。

娘がいなければ、こんな経験しなかったな~と思うと感慨深いし、ありがたいことだなぁ…と心が思う。

タイトルとURLをコピーしました