読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

中2娘。英検2級不合格(2回目)

娘が英検2級(S-CBT)の試験で不合格だった。

日記には書いていないけれど、前回ホテルフクラシアの本会場での試験も1次試験を突破出来ていない。S-CBTについては、本試験の不合格を受けて慌てて申込をした。

1回目の本試験については辞めてかかって不合格だったようなので、さほど悔しがりもしなかったのだけど、今回はそうでもなかったらしく、不合格を受けて娘が荒れに荒れている。

娘が何故、英検2級に躍起になっているかと言うと、大阪府の公立高校では英検2級を持っていると、当日の試験で実力が発揮できなくても8割の点数を保障してくれる。

「英検なんて受けなくても本番でそれ以上の点数取れば無問題では?」って話なのだけど、大阪府の上位公立高校が出す英語のC問題は英検2級より難しいとの評判で「英語のC問題で点数取るより、英検2級取る方が楽」って話になっている。

なので大阪府の中学生は公立高校受験までに本気で英検2級を挑まざるを得ない。

現在、娘は中学2年生なのでチャンスはまだまだ残されている。そして言っちゃあなんだけど、中学2年生時点で英検2級を取得出来ている人は多くはないと思う。そもそも英検2級って高校卒業レベルの英語なので中学生で取るのは難しいんだよな…って話だ。

私は「まだチャンスはあるし、馬渕(塾)でも、英検2級取れてる子は少ないと思うよ。それに前回より点数伸びてるし、よく頑張ったよ」と励ましたのだけど、娘の考えは予想の斜め上だった。

「馬渕で後ろの席に座ってる子(席が後ろの方が成績が良い)達は、灘とか北野とか余裕で合格する達なの。だから、もし今の時点で英検取ってなくても、あの子達は1発で合格するに決まってる!私は2回も落ちてるんだよ」

……なんだか「せやかて工藤!」みたいな気持ちになってしまった。

私も夫も娘に「北野に行ってれ」なんて思ってもいない。

そもそも娘自身、馬渕教室に入塾した時は「文理学科のある高校に入れたらいいなぁ」くらいの気持ちでいたではないか? 馬渕の成績上位者が猛烈に賢いってことは私達も理解してるけど、あなたの親は「是が非でも、そうなって欲しい」と望んでいる訳じゃないんやで?

……そう言えば娘は体操やってる時もそうだったなぁ(遠い目)

娘は自分の上ばかり見ているけれど、本当は娘の下にもたくさんの人間がいる。決して娘が駄目な訳じゃないのだけれど、娘の視線は上にしか向かないのだ。ライバルを見つけて、戦って、負けて、泣く。

どんだけ負けず嫌いの勝ちたがりなんだよ……

娘は本当にいい子なんだけど、猛烈に面倒くさい。そのストレスを全部親にぶつけてくるのだもの。

来週、本会場で受けた1次試験の結果が分かるのだけど、結果の発表を待たずに3月受験のS-CBTの申込をした。(結果を待っていたら席が埋まってしまうため)

本会場で受けた試験が合格していたら、3月受験のS-CBTの受験料は捨て金になってしまう訳だけど「お願いだから次の1次試験合格していてください」って気持ちでいっぱい。

荒ぶる娘に付き合うのホントしんどい。娘、厨二病真っ只中。これから先、受験生としての生活が思いやられる。

タイトルとURLをコピーしました