読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

小学6年生。公文の英語で英検準2級に合格しました!

娘、小学生6年生の冬、英検準2級に合格しました。

娘が公文で英語を習い始めたのは小学校2年生の春。習っていたそろばん教室が先生の体調不良で閉塾となったため「せっかくだし、何か他の習い事する?」と聞いたところ、娘自身が「公文のえ英語が良い」と言ったことがキッカケです。

娘の場合「英語に興味があった」と言う訳ではなく、公文のTVCMを観て「楽しそうだし、英語出来たら人に自慢出来るから良いな」くらいのノリだったと思います。

スポンサーリンク

小6娘、英語準2級合格

公文の英語では「小学校6年生までに英検3級に合格する」を目標として掲げているらしく、ある程度学習が進んだら、親や子が頑張らなくても先生の方から「英検にチャレンジしてみたらどうですか?」と推してきます。

我が家の場合、英語学習については「ほぼ公文教室に丸投げ」で進めてきました。

準2級のスコア

英検準2級スコア

英検準2級スコア

娘の英語合格スコアはこんな感じでした。筆記試験はそこそこ良い点数でクリア出来ていますが、面接は超ギリギリの滑り込み。あと1つ何か失敗していれば不合格と言うラインです。

公文で英語を習っている子の場合、どうしても「読み・書き」を重点的に学習するので、面接は弱い気がします。

筆記の詳しい結果

英検準2級筆記

英検準2級筆記

筆記試験はReading、Listeningは点数が低めですが、Writingは高得点をゲットしています。

公文で黙々とプリント学習を進めてきた結果が出ているな…って感じですね。

娘が言うには「Writingは長文がポイントだと思うんだけど、難しい言葉を使わずに、自分の出来る範囲で正しく書くと良い点が取れる気がする」とのこと。

Readingが低めなのは単語量が圧倒的に足りていないのが原因かと思います。

面接の詳しい結果

英検準2級面接

英検準2級面接

面接は本当にギリギリ過ぎる点数です。特にSpeakingの酷さたるや!

面接は公文だけに任せていてもクリアするのは難しいかと思います。公文でもイーペンシルを使って耳で聞いたり、自分の口でも言ったりしますが「人間と会話する」ことに慣れていないんですよね。

娘の場合はYou Tubeの英検対策動画を観て練習していました。

低年齢で英検の面接をクリアする難しさ

英検の面接を低年齢でクリアするのは難しい気がします。

筆記試験はコツコツ勉強さえしていればクリア出来るのですが、面接試験の場合そうはいきません。

英検準2級の面接で、娘は「学生がボランティアをすることについて、どう思いますか?」と言う質問に対する答えが思いつかず、とりあえずな感じで答えたそうですが「そう思う理由」を聞かれなかったらしく、面接が終わった時点で「落ちたと思う」と話していました。

英検3級の面接では「テレビを観るのは良いことだと思いますか? 悪いことだと思いますか?」と質問されて、その理由を答えたそうですが、質問内容が「テレビ」と言う身近なテーマだったため、答えやすかったとのこと。

要するに子どもの場合「今まで生きてきて考えたこともない事柄について質問される」と言うところが難関になるようです。

  • 環境問題
  • 国際交流のあり方について
  • 現在、問題になっている社会的な事象について

大人ならそれにりに考えが浮かぶような質問でも、子どもには答えられなかったりするんですよね。

例えば「大人になったら、どんな職業につきたいですか?」なんて言う、子ども向けな質問でさえ「なりたい仕事」を決めていない子どもだと言葉に詰まってしまうのです。

英語で答える以前に「質問に対する答えを考える」ことが、そもそも難関…って言う。

これをクリアするには「You Tube等を活用して、とにかく練習するしかありません。

娘の場合は小学校6年生でしたが、もっと幼くて英検に合格しているお子さんはどんな風に対応していたのか、激しく謎です。

英検2級に向けて

ギリギリでしたが合格は合格。

次は英検2級に向けての対策をしていく訳ですが、公文の先生や先輩方の話を聞いていると「英検3級から2級は比較的簡単だけど、準2級と2級の壁は半端なく高い」とのこと。

「準2級の面接でも四苦八苦していたのに、2級の面接なんて出来るの?」と、心配しかないのですが、2級を受験するのはまだまだ先の話。

まずは今まで通りの学習を進めつつ、2級の受験が近づいてきたら問題集を買うことにします。

ちなみに。娘の希望で単語の対策本だけはすでに購入しました。

3級、準2級を受験して「自分には単語量が足りない」って事に危機感を持ったようでした。

娘の目標は「中学校卒業までに英検2級合格」なのですが、どうなりますことやら。また追々と記録していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました