読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

アルコールディスペンサーをポチってみた。

アルコールディスペンサーをポチってみた。

ここのところ「書かねばならぬ」と思うことが多くて、なんとなく記録していなかったのだけど、先の週末にアルコールディスペンサーをポチってみた。

コロナ以降、出先でも自宅でも手指消毒をするのが当たり前になっている。我が家でも玄関に入ったすぐの場所にポンプタイプのアルコール消毒を設置していたのだけど、ある日ふと「自動で出来てもいいんじゃないの?」と言う考えが頭をよぎった。

思えば我が家は娘が幼稚園の頃からミューズノータッチを利用していて、手を洗うときの石鹸は手をかざすだけで出てくるようになっている。「そこまでズボラしなくても良いのでは?」って話だけど、人間と言う生き物は1度楽な方法を知ってしまったら元の生活には戻れない。

ミューズノータッチは控えめに言って最高。導入してから手を洗う面倒臭さが半減した。

そしてその数年後「台所洗剤もジャーって出てきたら楽じゃないかな?」と思い立ち、台所洗剤も自動化した。これはミューズノータッチ以上に最高だった。食洗機を持たない我が家にとって洗い物は面倒な作業。その面倒な作業の苦痛感が大幅軽減。もう2度と手で押すタイプの洗剤には戻れない。

そして、ようやく手指消毒のアルコールも「自動化した方が良いのでは?」と言う考えに思い至った。もっと早くに気がつけば良さそうだけど、昨年の今頃は「そのうち落ち着くだろう」くらいの軽い気持ちでいたので、自動化しようという考えに至らなかったのだ。

アマゾンで検索してみたらアルコールディスペンサーも以外とお手軽な値段で販売されていた。そして私がポチったのはコレ。シンプルなデザインで口コミもそこそこ良さそうだったのでコレを選んだ。

受け皿がついているのも選んだ理由の1つ。

職場では何でもかんでも消毒しまくっているのだけど、車椅子のタイヤを消毒する場所は床がベトベトになってしまって、毎日親の仇のように廊下を水拭きしまくっている。アルコールってすぐに蒸発してしまう印象があるけれど、実際そうでもなくて、周囲がベトベトになってしまうので、ご家庭でアルコールディスペンサーの導入を検討する時は受け皿付きの商品を全力でオススメしたい。

正直、一般家庭に常備するにしては贅沢品かな…と思ったのだけど、どこにも遊びに行っていないし、外食もせず慎ましく暮らしているので、コレくらい贅沢して日々の暮らしにゆとりを求めてもバチは当たらないかな…と。

アルコールディスペンサー。実際、買って良かったと満足している。

こんな感じでアルコールが噴出します

たかがポンプの頭を押すか押さないかだけの話だけど「やらなきゃ感」がなくなるだけで随分違う。残念だけどコロナとの暮らしはまだまだ終わりそうにもないので、家で過ごす時間を少しでも快適に出来れば良いな…と考える今日この頃。

……って、アルコールディスペンサーが届いてすぐに職場がコロナで休業になっちゃったけどね!

人生ってヤツはままならぬ事ばかりだ。

それはそれとして。アルコールディスペンサーはこれからも我が家で活躍してくれると思うし、買って良かったと自己満足に浸っている。

タイトルとURLをコピーしました