読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

夫、大規模接種会場の予約に成功する。

新型コロナウイルスのワクチン接種が着々と進んでいるようだけど、そのスピードは自治体によってかなり違う。

私の住んでいる自治体は接種券の発送を段階的に行っていて、いまのとこ65歳以上の市民にしか接種券が届いておらず、65歳以上の高齢者もまだまだ予約ができていな状態。64歳以下の市民がワクチン接種の予約ができるのは8月以降の予定になっている。

隣市など70代の高齢者の1回目の予約が8月に取れた…みたいな感じで、テレビで報道されている状況とは掛け離れている気がする。

夫の会社では「可能な限り早めにワクチン接種をしてください」とワクチン接種を推奨していて「できれば大規模接種会場で早い時期に接種したいんだけどな」と夫が言うので、市に問い合わせてみたところ「大規模接種会場でのワクチン接種を希望される方には大規模接種会場用の接種券を発送します」とのことで、大規模接種会場用の接種券を送ってもらった。

……ところが。大規模接種会場用の接種券を待っているうちに「希望者が少なくて空いている」と聞いていた大規模接種会場。いつの間にか大人気で予約が取れない状況になっていた。

大阪府の場合、大規模接種会場は3箇所設置されている。

  • 大阪市主催→インテックス大阪
  • 大阪府主催→マイドームおおさか
  • 自衛隊主催→グランキューブ大阪

大阪市が主催しているインテックス大阪のワクチン接種は大阪市民しか受けられないので、他の自治体に在住している場合はマイドームおおさかかグランキューブ大阪へ予約するしかない。

接種券が届いた日に予約画面を開いてみたけれど、どの日程もすでに満員でキャンセル待ちになっていた。

半ば諦めかけていた時、朝刊に「マイドームおおさかでワクチン接種の枠を拡大する。受付は土曜日正午スタート」という記事が掲載されていたので、満を持して申し込んでみることにした。

  • ノートパソコン
  • アイパット
  • アイフォン

3台待機体制で挑んでみて、最初に繋がったところから申し込む作戦で正午前から正座待機。アイパットが繋がったので予約を入れようとするとすでに満員。次にノートパソコンが繋がったので「この日、この時間は人気なさそう」と言う日にちで申し込んでみたところ、どうにか予約を取ることが出来た。

もしかしたら関係ないかも知れないけれど、予約した日の前日に光回線を導入してインターネット環境が爆走になったのも功を奏したのかも知れない。

……とにかく、夫が早めにワクチン接種を受けられるようになったのは素直に嬉しい。もっと先になると諦めていたけれど努力してみるものだなぁ。

大規模接種会場でのワクチン接種は18歳以上の人に限られているので、娘がワクチン接種を受けられるのは秋以降になりそうだけど、3人家族のうちの2人がワクチン接種を受けてれば感染リスクが下がるんじゃないかな…と期待している。

コロナについてはまだまだ油断は出来ないけれど、ワクチン接種がはじまって少し前に進んでいる気がする。自由な生活が出来るようになるのはまだまだ先になりそうだけど、その日が来るのを楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました