読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

緊急事態宣言が出て困ったこと。

大阪に緊急事態宣言が発令された。

……とは言うものの、コロナが流行りはじめてから我が家はずっと外食していないし、人混みに出掛けることもない。夫と「緊急事態宣言が出ようが出まいが、うちは生活変わらないよね」なんて事を話していたけど、やっぱり困ったことはあった。

まずは図書館が休館になってしまった…ってこと。

前回の緊急事態宣言の時は図書館が休館になったものの、途中から「貸し出しのみOK」みたいな流れになったので「緊急事態宣言が出ても図書館は大丈夫だろう」と暢気に構えていたら、突然の休館。

休館すると予測出来ていたら、限度枠ギリギリまで借りることも出来ただろうに、迂闊にも何の準備もできなかった。

そして残念なのが職場で使う絵本や紙芝居を交換できなくなってしまった…ってこと。私は週1ペースで図書館に通っているのだけれど、図書館へ行くついでに職場で使う紙芝居だの絵本だのを借りていたのだ。

特に紙芝居は季節や行事をテーマにした作品を借りているので、ちょくちょく交換したいのだけど、図書館が休館となればどうしようもない。自分の本はどうしても読みたければ買えば良いけど、職場の紙芝居は絵本はそうもいかない。

そして、もう1つ困ったことが判明。

紅茶の茶葉が切れそうなのに、いつも茶葉を買っている地元のショッピングモールが休館になってしまった。

紅茶の茶葉って、そうしょっちゅう買い足すものではないので、まったくノーチェックだった。紅茶は嗜好品なので究極的には無くても平気。ついでに言うなら通販で買えなくもない。

……だけど、もイマイチ乗り気になれないのだ。

私は珈琲よりも紅茶が好きなので出来れば紅茶は美味しく飲みたい。スーパーの紅茶はちょっとばかり味が落ちる。もちろん品揃えの良い大型店舗ならそこそこ美味しい紅茶葉を売っているだろうけど、地元の店舗は小さめなので期待薄。そして通販をするのであれば送料が必要になってくる。「送料乗っけてまで紅茶にこだわるの?」って迷いもある。

紅茶葉なんて、どうでも良いような話なだけど、ちょっと参った。

だけどこのご時世、多少の不便は仕方がない。上手いこと自分の中で折り合いをつけてやっていくしかなさそうだし、案外すぐに慣れる気もする。

とりあえず、コロナ休業の間に溜まった仕事をどうにか片付けて気持ち良く黄金週間を迎えたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました