読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

犬と過ごした日々。

小太郎(実家の犬)が死んでしまった。「そろそろ駄目だ」と覚悟はしていたものの、イザとなるとやはり哀しい。

犬も人も最近は治療や延命を尽くせばある程度は生きながらえることができるのは分かっていたけど、高齢なので治療や延命をせずに家で家族と過ごさせることにした。

小太郎犬は癲癇持ちで「この子は長生きしないだろうな」と思っていたので、よく頑張ってくれたと思っているし、延命等の措置をしなかったことに後悔はない。離れて暮らしているとは言うものの、私のできることはやり切ったと思う。

……と、頭では分かっていても、それって頭で分かっているだけなんだよなぁ。

私は小さい頃からずっと犬と共に生きてきた。結婚後も娘がある程度成長したら、犬を飼いたいと思っていたのに娘に犬アレルギーが発覚。娘は犬も猫もアレルギーを持っているので、私はこれから先の人生で犬を飼うことはない。

小太郎は私にとって最後の犬だった。

残念ではあるけれど、小太郎の飼い主は実母なので、小太郎が実母より先に死んだことに関しては良かったと思っている。犬は飼い主に看取られるのが幸せだと思う。

それにしても心配なのは実母のメンタル。小太郎は実母にとって15年間を共に過ごした相棒のようなもの。しばらくは今まで以上に実家の様子を気にかけようと思う。

15年間、可愛がらせてくれて、実母を支えてくれた小太郎には感謝の気持ちでいっぱいだ。最後はしんどかったと思うけど、最後まで「生きよう」と言う気持ちが強い子で「動物の生きたいという気持ち」に驚かされた。

小太郎、本当にお疲れ様。私が接した犬の中で1番気ままな犬だったね。あちらでも気ままに楽しく暮らして欲しいと願っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました