読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

さようなら。家族揃って食べる夕食。

記事内に広告が含まれています。

コロナ以降、毎日、家族揃って夕食を食べる生活とお別れする日がやって来てしまった。

コロナが収まって、夫の会社の宴会自粛と時差出勤が終わったら、元の生活に逆戻りするだろうと覚悟は出来ていたけれど、まさか違った方向からその生活が終わるとは思ってもいなかった。

娘が自宅から徒歩10分で行ける塾を辞めて遠い塾へ行くことになったので、塾のある日は娘と私だけ先に夕食を食べることになった。

娘と私で早めに夕食を済ませて、私が娘を塾まで送って帰宅して夫が夕食を食べる…って流れ。ちなみに塾の迎えは夫の担当。

新しく行く塾は自転車で20分。それまで通っていた塾は徒歩10分の距離だった。

時間だけで言うと「自転車とは言っても今までの塾より10分遠いだけでしょ?」って話だけど、授業のスタート時間が今までの塾より早いので10分どころの前倒しでは追いつかないのだ。

昼間なら1人で行ってもらう距離ではあるのだけど、暗い道を走る上にに交通量も多い。中学生と行っても1人で行かせるには抵抗があるので送迎は必須。こうなることは最初から分かっていたし、やると決めたからにはやるしかない。

娘が電車で塾に通うようになれば、行きだけでも1人で行ってもらえるのだけどなぁ。

それにしても毎晩、家族揃って食卓を囲む日々は楽しかったなぁ。

……って、塾は週3回。1週間のうち4回は今まで通り、家族揃って夕食を食べるのだけどね。

娘も親の私達も新しい生活パターンに慣れるまでは大変だと思う。だけど私は知っている。人間は環境に慣れる生き物だってことを。

家族全員、慣れない生活に体調を崩さぬように気をつけたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で