読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

このタイミングでマスクを売る転売屋のみなさん。

コロナのおかげで一時期はマスクが手に入らなくて毎日マスクのことばかり考えいたけれど、黄金週間の少し前くらいから街中で箱入りのマスクを見掛けるようになってる。

私が実際に見掛けたゲリラ販売的マスク屋はこんな感じ。

  • 中国人が経営している餃子屋
  • 元タピオカ屋
  • 自動車修理工場
  • 露天に建てたテントでのゲリラマスク販売

我が家も一時期、マスクがなくて困っていた時期に「この際、高くてもいいや」と楽天でマスクを購入している。その時は「50枚3000円前後」が相場…って感じだったけれど、現在ちまたで売られているマスクは2800円以下で出している店が多い。

たぶん…だけど、我が家がマスクの箱を買う頃にはマスク価格はもう少し下がっている気がする。

それにしても。街中で売られている大量のマスクは今までどこにあったんだろう?

コロナが流行りはじめてから「マスクは増産されています」とニュースで何度もみたけれど、SHARPが一般にマスクの販売をはじめたのはつい最近のこと。街中で売られている大量のマスクは「増産した」のではなくて「どこか眠っていた」のか、そうでなければ中国あたりから輸入したものだと思う。

正直「今さら出されてもな…」って気持ちで一杯になっている。

シャープのマスクだけでなく「適正価格でマスクを販売します」というメーカーが増加して、転売業者達は「これ以上温存させていても儲からなくなる」とマスクを市場に流しはじめたのだろうけど、なんだか嫌な感じだ。

私もお金は大好きだし、お金を稼ぐって事が悪いと言う訳じゃない。だけど人の弱みに付け込んで…みたいなやり方は、どうかと思う。

そして、もっと言うのならメーカーマスクが売り出されて、手作りマスク文化が浸透してきたタイミングで露天でマスク売るとか、それって商売下手過ぎない?

ストックしていた物を露店で流すのなら、人々が血眼になってマスクを奪い合っている時に、相場よりほんの少しだけ下げて売っていれば、そこそこ儲かっていただろうに、露天等で山積みにされているマスクは人々から素通りされている。

このタイミングに露天でマスクを売っている人達は転売業者の中でも、残念な人達なんだろうなぁ。

……とりあえず、もうマスクの心配はなくなった。箱マスクの価格がどこまで下がってくるのか、楽しみに温かく見守っていきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました