読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

小6娘(真面目系)のお洒落に力を入れてみた結果。

娘は小学校6年生になってから「学校行くの面白くない」と言うようになった。

原因はクラス内の力のある女子に目をつけられてしまったから。

娘の通う小学校は児童数が少なく6年生はギリギリ2クラスしかない。1クラス30人以下の編成で6年も経てば濃い人間関係が出来上がってしまう。大阪だけど、田舎の学校を連想して戴きたい。

娘にちょっかいを出してくる女子は今まで「保護者同士が学校に呼び出されて話し合い」が行われてしまうほど、何度となく問題を起こしている。要するに意地悪で性質が悪い。

そして残念なことに彼女は「旧村」と呼ばれる地域で暮らすマイルドヤンキー一家の娘。結束だけはやたら固く、親子で一帯を仕切っている感じ。

娘の場合、クラス全員から無視される…とか、いじめられる…と言うことは無くて、友達もいる味方になってくれる子がいるのだけれど、事あるごとに精神的にボコられて萎縮するようなってしまった。

……これはマジでヤバい流れ。

危機を感じた私は娘に今風のイキった恰好をさせることにした。

それまで、娘はどちらかと言うと小学生らしい清楚なスタイルで登校していたのだけど、娘をボコってくる奴らは完全にヤンキー。小学生と言っても、中高生顔負けの服装に身を包んでいる。

娘も私もイキった恰好は好みではないけれど、四の五の言っていられない。これ以上、彼らに娘をボコらせる訳にはいかないのだ。

……と言うことで、この秋から娘のお洒落に力を入れるようになったのだけど、もう笑うほど目に見えて結果が出てきた。

娘が「最近、私クラスの子からよく「可愛い」って言われるんだよね」と言うようになったのだ。

私は親なので娘のことを可愛いと思っているけれど、客観的に見て娘は人並み程度の容姿でしかない。服装を変えただけなのに周囲の扱いがゴロッと変わってきたのには心底驚かされた。

ヤンキー的な子が娘に突っかかってくるのは相変わらずだけど、回数がグッと減ったし、味方が増えた。そして娘自身「可愛い」と言われることで、萎縮していた心が元に戻ってきたのだ。

真面目系女子や大人しめ女子の親御さんに伝えたい。

娘さんが友達から軽く扱われたり、いじられるような目にあったら、最先端のファッションで武装させてあげてください…と。

私自身「娘にイキった恰好をさせる」と言う作戦がこれほどまで効果を出すとは思ってもいなかったけれど、予想以上の効果を発揮してくれた。

人間は権威に弱い生き物なのだなぁ。

大人の世界だと経済力とか、職業なんかに権威を見出していく。

子どもでもある程度年齢が高くなれば成績やスポーツの実績が評価されると思うのだけど、小学生女子の場合、どうしても見た目の良し悪しに評価が集まってしまう。

複雑な気持ちになってしまうのだけど、とにかく娘が自身を取り戻して、学校生活が楽しくなってきて良かった。

娘、小学校6年生。成長して手が掛からなくなってきたな…と言う実感があるけど、成長したらしたで別の心配が出てくるものなんだなぁ。

残り少ない小学校生活。「最高にハッピー!」とはいかないまでも、そこそこ楽しく学校に通ってくれたらいいな…としみじみ思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました