読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

本気で老眼鏡デビューを考えている。

いよいよ老眼鏡を作ろうと思う。

私は子どもの頃から本もゲームも大好きで、大人になってからはパソコンの画面ばかり見て過ごしてきたけど、視力だけはズバ抜けて良かった。「ゲームばかりしていると目が悪くなりすよ」ってのは嘘だと思っている。

目と歯に関しては日頃のケアも必要だけど生き物として持って生まれたし質の問題ではなかろうか。

一般的に「目が良い人は老眼になるのが早い」と言われているけれど、まさにそれ。

私は現在47歳。実は40歳を過ぎた頃から「老眼ヤバい…」と気になっていた。

夕方になるとピンとが合わなくなってくるのに気が付いたのが老眼を意識したはじまりだった。

その頃はまだ「疲れ目かな?年取ると疲れやすくなるし」と誤魔化していた。ところが、そのうち新聞の文字が読み難くなり、スマホに表示されている電話番号が判別出来なくなってきた。

日本語で書かれた文章なら問題ないのに、アルファベットと数字が微妙に判別出来ないのだ。

そうこうしているうちに、友人の勧めもあって100円ショップで売っている老眼鏡に手を出した。最初のうちは「ピントが合わなくて、かえって不便」「老眼鏡をかけると3D酔いしたみたいに気分が悪くなる」と言う状態で、イマイチ使い勝手が悪かったのだけど、最近ではすっかり手放せなくなっている。

夜に本を読んだり、針仕事をする時は老眼鏡無しでは絶対に無理。

そして、やっと気がついたのだ。

「そろそろ自分の目に合った老眼鏡を買う頃合いでは?」と。

夫にその事を話しすると「実は俺も…」と夫も視力の低下に悩まされていることを告白。そう言えば夫ね小さい頃から目を酷使してきたにも関わらず、目だけは良い人だった。

そんな訳でこの年末はボーナスが出たら夫婦で仲良く老眼鏡デビューをする事になった。

本当なら「善は急げ」とすぐにでも買いに行けば良いのだけれど、11月中パ何かと予定が詰まっているので買いに行くのは12月になりそうだ。

老眼鏡…実際のところどうなんだろうなぁ?

100均の老眼鏡でもそこそこ使えるけれど、微妙に合っていない気がする。ちゃんとした老眼鏡をかけることで快適に暮らせると嬉しいのだけどなぁ。

買いに行くのはまだ少し先だけどお洒落で素敵な老眼鏡をリサーチ中。お値段はピンキリって感じだけど、軽くて上部な物が欲しいなぁ。老眼鏡を新調したら日記で自慢したいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました