読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

フェイスブックから隣のご主人をオススメされたでござる。

インターネットとの関わり方って、人それぞれにスタンスがあると思うけれど、私はネットと現実は分けて考えたいタイプ。

現実の私はしょぼくれた中年のオバサンだけど、ネットの中では「中年のオバサン」としてではなく、趣味人として楽しみたいと思っているのでTwitterはするけど、フェイスブックには興味がない。現実世界の事をWEBに持ち込みたくないのだ。

フェイスブックには興味が無い…とは言うものの、フェイスブックに近況報告を書いてる友人がいて、友人の近況報告を知るためだけにアカウントを持っている。

私自身はフェイスブックのアカウントを取ったからと言って、フェイスブックで何か発信するつもりはないので、アカウントを取得する時に最低限の情報を入れただけで、顔写真等、個人を特定するものは一切入れていない。

それでも昔働いていた職場の人が「友達では?」みたいな感じでオススメされたりするのだけれど、先日、ついに隣の家のご主人が登場した。

フェイスブックに住所なんて入れてないけど、どういうシステムで身元が割り出されるんだ?

電話番号やメールアドレスからの検索を拒否する設定にしておけば、唐突に友達申請される事はないみたいだし、フェイスブックのアカウントを取得して、リアルで繋がりのある人から友達申請が来たことは1度もない。

そして、フェイスブックはアカウントを取っているだけで何も情報を発信していないので、リアル知人からフェイスブックアカウントを見られて困るようなことは1つも無い。

なんて説明したら良いのかな…楽しくWEBの世界で遊んでいたのに、突然現実世界に引き戻される感じと言うのかな。

ちょっとフェイスブック空気読んで~。私は誰とも繋がりたくないんだ。おせっかいにもほどがある。

要するに私はフェイスブックに向いていないのだと思う。

「じゃあ、辞めちゃえばいいじゃない?」って話なのだけど、友人の近況報告は知りたいんだよなぁ。いっそアカウントを削除しちゃえば良いのだろうけど、悩ましいところだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました