読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ホームベーカリー沼にハマってしまいそう。

ホームベーカリーにも随分と慣れてきたので、ホームベーカリー用の食パンミックスだけでなく、色々な食パンを試してみたくなってきた。

最近はホームベーカリー用の食パンレシピ本があるとの事なので、試しに1冊買ってみた。

スタンダードな食パンだけでなく、くるみパンやレーズンパン、野菜を練り込んだ食パンのレシピが掲載されていて、眺めているだけで夢が広がる。

スポンサーリンク

黒糖食パンを焼いてみる

どんな事でも実際に自分でやってみないと分からない。

毎朝、焼き立ての食パンが食べたいから0.5斤対応のホームベーカリーを買ってはみたものの、食パンに使う材料によってはタイマー予約が使用出来ないらしい。

例えば卵とか、茹でて潰した野菜等を使うレシピだと数時間常温で放置していく訳にはいかないのだ。

そうかと言って、変わり種の食パンだって焼いてみたい。

考えた結果、平日はタイマー機能が利用出来るスタンダード食パンの焼き立てを食べて、金曜の夜に変わり種の食パンを1斤焼いて、土日で消費するサイクルで回していくことにした。

初めて挑んだ変わり種食パンは黒糖食パン。材料は牛乳・卵・強力粉・塩・無塩は・ドライイースト。牛乳と卵を使うのでタイマー予約は利用出来い。

変わり種食パン…と言っても、結局のところ材料を計量して、スイッチを押すだけ。

パン作りド素人の人間でも簡単に作ることが出来た。

黒糖食パン

黒糖食パン

100円ショップで食パン冷やすようの網も買ってきた。本来は食パンではなく、ケーキを乗せる「ケーキクーラー」と言う道具らしい。

焼き上がりの匂いが美味しそう過ぎて、食パンが焼き上がったのは夕食の後でお腹いっぱいだったのに「今すぐ食べたい」と言う気持ちになってしまうほどだった。

そんな衝動をグッと押さえて、翌日の朝食に実食。

朝食に黒糖食パン

朝食に黒糖食パン

……ふわふわで超美味しいんですけど!

ほんのりと黒糖の香りと甘さがとても良い。そうかと言って菓子パンほどは甘くないのだ。

変わり種食パンは毎日食べるには向かないけれど、たまにならアリだと思った。

材料の調達方法を考えねば…

ホームベーカリー、恐ろしい子。素人でも自宅で美味しいパンが焼けるだなんて。

そして、メチャクチャ楽しいではないですか。これは完全に大人の玩具。レシピ本を眺めているだけで、夢が広がりんぐ。

……とは言うもの。食べ物の事って、こだわり出したらキリが無い。

食パンは毎朝食べるものなので、出来れば価格は押さえていきたいところ。材料(主に強力粉)をいかにして安く、ほどほどに美味しく調達するかを考える必要がある。

地元スーパー数軒で価格を確認して、アマゾンや楽天で値段とレビューをチェックしてみたところ…ホームベーカリーの猛者達の意見が凄過ぎて、訳が分からない。

同じ強力粉でもメーカーによって、味が違うとか焼き上がりが違うとか!

普通の強力粉と、ブランド国産の強力粉とでは味が違うだろうとは思っていたけど、そんなふんわりとした物ではなかった。

さらに言うなら、ドライイーストを使わず、天然酵母で焼く人もいて、ホームベーカリーの世界はこだわりだしたらキリがない世界のようだ。

ヤバい…私、ホームベーカリー沼にハマってしまいそう。

当面の目標は毎朝食べるスタンダードな食パンの我が家的黄金配合と、コスパの良い強力粉の調達方法を見つけ出すこと。

週末は気ままに変わり種食パンに挑戦したいと思っている。

ホームベーカリー、買って良かったし楽し過ぎる!

「これだ!」と人に差し上げる自信の持てる食パンが焼けるようになったら、夫の実家に遊びに行く時に持参したい。

タイトルとURLをコピーしました