Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

禁欲のススメ 姫野カオルコ 角川文庫

20代の頃、私は熱烈に姫野カオルコにハマっていた。

小説からエッセイから、手当たり次第に読み散らかしていた。

だからって網羅していた訳でなく、今回は未読のまま取り溢していたエッセイ本を手にとったのだが、その感想は「どうして私は、こんなにまで、この人の書いたエッセイにハマっていたのだろう?」のひと言に尽きる。

スポンサーリンク

禁欲のススメ

ザックリとこんな内容
  • 姫野カオルコの恋愛エッセイ。
  • 恋愛エッセイと言うよりも、むしろ恋愛論と言うノリ。
  • 自虐度が高く、読者を選ぶタイプの作品。

10年前の私にとって、姫野カオルコは自分の前を歩いてゆく先輩のよう存在だった。

知識レベル然り。人生においての経験値然り。

しかし自分が30代になってみると、姫野カオルコの書くエッセイは、至極当たり前の、なんてことのない話でしか無かったと言うことを知ってしまった。

時代の流れとか、時が経って古くなったとか、そういう問題は抜きにして。

今でも創作物としての小説は面白く読めるのたど、他のエッセイを読み返してみても、おおよそ同じ感想しか持てなかった。

ひとたび好きになった作品を嫌いになったりはしない。

ずっと好きだと思う。だが、はじめて読んだ時に受けた、トキメキはどこにも無い……てな感じ。長らくお世話になったけど、私はこの作家さんから卒業してゆくのだなぁ……と思った。

今までの『姫野節』とは一線を画す小説……たとえば『蕎麦屋の恋』の短編集で見せてくれたくクオリティを発展させてくれたなら、変わらずファンでいられりるかも知れないが。

本との出会いには時期があるということを改めて感じた1冊だった。

姫野カオルコの他の作品の感想も読んでみる

禁欲のススメ 姫野カオルコ 角川文庫

タイトルとURLをコピーしました