Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

誰でも180度開脚が出来るようになる説は本当なのか問題。

少し前の日記に『47歳主婦。ほぼ180度開脚に成功したのどドヤっておく。』って話を書いたのだけど、なんだか予想外に反響があった。

twitter(本のアカウントとは別のヤツ)でも、ちらっと180度開脚の話題をふったところ、何人かの方から質問を受けた。

私が受けた質問はこんな感じ。

  • 本当に出来るのか?
  • 誰でも出来るのか?
  • 本を買わないと出来ないのか?
  • 180度開脚が出来るようになって良いことあった?

もしかして…180度開脚って流行ってるの?

私が180度開脚にチャレンジしたキッカケは娘の体操なのだけど「健康な老後を過ごすため」に中高年層で180度開脚に興味を持っている人は多いような印象を受けた。

なので今回は私が実際にチャレンジしてみての話を記しておこうと思う。

スポンサーリンク

180度開脚って誰でも出来る?

180度開脚

180度開脚

質問してくる方が知りたいのは「本当に自分にも180度開脚が出来るようになるのか?」って事だと思う。

特に「自分は身体が硬い」と自覚している方は「せっかく柔軟頑張っても出来ないのならやりたくないな…」って思ちゃうのだと推察。

……まあ。分かる。誰だって苦手なことはやりたくない。

以前、40代でバレエを続けている従姉妹と娘の体操の先生に「誰でも180度開脚出来るようになるんですか? 大人でも出来るようになりますか?」と聞いたことがある。

2人から返ってきた答えは「出来る」だった。

ただし、ごくまれに関節の関係でパーフェクトな180度開脚が出来ない人もいるとのこと。

関節の問題でパーフェクトな180度開脚が出来ない人でも「ほぼ180度開脚」は可能らしく「大人でも真面目に柔軟を頑張ったら出来るようになりますよ」と言っていた。

体操を習っていても出来ない子も多い

「180度開脚は誰でも出来る」と言われるけれど、実際のところ体操を習っていても、180度開脚が出来ない子も多い。

特に男子。圧倒的に男子だ。

娘が体操に打ち込んでいた2年間。同じように体操を習っていて、娘は180度以上開くようになったけれど、同じように習っていても出来ない子も沢山いた。

……何故なのか?

その理由は体操教室のギャラリーで見学しているだけでもハッキリ分かった。出来ない子は真面目にやっていないのだ。出来る子は体操のない日でも真面目に柔軟に取り組んでいたりする。そこが違う。

娘の通っていた体操教室の場合、圧倒的に女子の方が真面目に取り組んでいて、男子はふざけてしまう子が多かった。

ただ男子でも真面目にコツコツ取り組んている子はスタートがガッチガチでも「あの子、いつの間に開くようになったの?」とビックリするレベルで開くようになっていた。

私の場合47歳で180度開脚が出来るようになったのは「真面目に取り組んだから」と言う一点に尽きる。

自分で言うのもなんだけど、私は何事につけて中途半端な人間でこれと言った特技がない。

だけど「クソ真面目に頑張り続ける」って事については自信がある。だから出来たのだと思う。

どの本を読めば役に立つのか?

私が参考にした本(どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法)以外にも180度開脚指南本はワンサカ出版されている。

せっかくなので「これを読めば出来るようになりますよ」と本を売りつけたいところなのだけど、私は参考にした本を図書館で借りてザーッと読んだだけで実際に購入していない。

私は基本的に本好きのヲタクなので他にもいくつか目を通してみたけれど、どの指南本も書いてあることは変わらなかった。

正直どの本を参考ににしても変わらないと思う。

最近はブログとかYou Tubeで「180度開脚教えます」的なコンテンツが色々あるので、本を買わなくても問題ないと思う。

ただ「手元に置いて参考にしたい」って場合は1冊あれば充分だし、それこそブックオフ等で買っても問題ない。

やってみての感想

私は4ヶ月かかって、どうにかこうにか180度開脚が出来るようになったのだけど、最初の頃は全く進まなかった。

そして1番ビックリしたのはストレッチをすると筋肉痛が凄いってこと。

180度開脚をする…と言うと股関節が痛くなるイメージがあるかも知れないけれど、実際は筋肉痛の方が酷かった。

そして厄介なのは「筋肉痛だからお休みします」と休憩していると、ストレッチが後退しちゃう…ってこと。

娘に「ストレッチはじめたら筋肉痛が酷いんだけど…」と相談したところ「はぁ? 柔軟に筋肉痛は付き物ですけど、それが何か?」みたいな反応が返ってきた。

……柔軟には筋肉痛が漏れなくついてくるらしいです。

なので「よし。自分も180度開脚にチャレンジしてみよう」と思ったのなら、筋肉痛は覚悟しておいた方が良いと思う。

ただ、慣れてくると筋肉痛はどんどんマシになってくるのでご安心を。

180度開脚が出来て変わった事は?

「180度開脚が出来るようになって何か変わったことがありますか?」と質問されたのだけど、ストレッチをはじめてからは整骨院にお世話になるレベルの酷い腰痛が出ていない。

私は腰痛持ちで、もはや「プロギックラー」を名乗ってもいいんじゃないかと思うほど、年に数回は絶望するレベルでギックリ腰をやらかしている。

ギックリ腰だけでなく別の理由でも腰痛が出るのだけれど、柔軟をはじめてから、絶望的なレベルでの腰痛は出ていない。(ただし軽いのはある)

私はプロじゃないので、理屈は分からないけれどお世話になっている整骨院の先生から

  • ストレッチしなさい
  • 股関節を柔らかくしなさい

……と言われていたので、腰痛対策には良いのかも知れない。

そして何よりも、毎日ストレッチをして「もしかして私…身体が柔らかくなってきたんじゃない?」と実感出来るようになってくると、毎日ホント楽しい。

キッカケはどうあれ少しでも「楽しい」と思えたならストレッチは続くと思う。

以上、180度開脚について思うことを書き出してみた。

「よし。自分もやってみよう」と思った方は「毎日。少しずつ」で良いので頑張ってみてください。健闘を祈ります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました