読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

46歳。180度開脚チャレンジ。

記事内に広告が含まれています。

娘はこの春、2年間打ち込んできた体操を辞めた。

娘は体操を辞めた事に後悔はなさそうだけど、せっかく出来るようになったバク転だけは出来る状態を維持したいらしく、家でもちょくちょく柔軟や簡単なトレーニングをしている。

娘がトレーニングをしているの見て、ふと「私も何かしてみようかな?」と言う気持ちになってしまった。そんな時、図書館で出会ったのがこの本。

『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』だ。

「いや…そんなの無理でしょ?」と思いながらも、とりあえず借りて読んでみた。

本には「誰でも4週間で開脚出来るようになる」と書いてあったけれど、流石に4週間では無理な気がする。

だけど、以前、バレエをしている従姉妹から「大人になってからでも努力をすれば誰でも180度開脚が出来るようになる」と言う話を聞いたことがある。

従姉妹は「大人は子どもと違うから、そう簡単には出来ないだろうけれど、毎日続けていれば絶対に出来るようになる」と力説していた。

じゃあ…46歳の私でも努力次第では180度開脚も夢じゃないってこと?

私は大の運動嫌いでこれまでの人生で1度もスポーツに取組んだ事がない。

スポーツを習おうと思ったこともないし、スポーツクラブに入りたいと思ったこともない。だけど、家で柔軟をするくらいなら出来るんじゃないだろうか。

コツコツ続けるのは得意だし。読書サイトを15年続けてるくらい1つの事を継続するのは得意なのだ。

そんな訳で唐突だけど「180度開脚」を目指して毎日柔軟に励んでいる。

180度開脚でベタッと胸を付けられるようになるには、まだまだ先が遠そうだけど、確かに毎日続けていると少しずつ足が開いている感覚はある。せっかくなので、ついでに肩こり対策をかねて肩関節の柔軟にも挑戦中だ。

スポーツをしてるい訳でもない私が180度開脚が出来るようになったからと言って、何か得になる訳ではないのだけれど、腰痛対策としても効果があるようなので、やって損にはならないと思う。

出来れば年内に180度開脚が出来るようになりたいのだけど、46歳のおばさんにも出来るんだろうか?

180度開脚を完成した暁にはもちろん、この日記でもドヤると思うので、是非とも生温かく見守って戴きたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク