Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"原田マハ"

デトロイト美術館の奇跡 原田マハ 新潮社

作者は「美術館小説」と言うジャンルを確立したのではなかろうか? 作者は美術や美術館をテーマにした作品が多いのだけど、今回は題名からも分かるように安定の美術館ネタ。今回はデトロイトで起こった実際の出来事が下敷きになっている。デトロイト市が財政...

暗幕のゲルニカ 原田マハ 新潮社

絵画をテーマにした絵画ミステリって、すっかり作者の十八番になってしまった気がする。今まで作者の来歴なんて気にした事がなかったのだけど、小説家として活躍されるまでは美術館で働いていたとのこと。美術館のキュレーターの仕事について詳細に書けるのは...

楽園のカンヴァス 原田マハ 新潮社

面白くて一気読みしてしまった。発売当時、流行っていたのは知っていたけれど、どうして読まなかったのか不思議に思うほど。絵画をめぐるミステリー仕立ての作品で、物凄く手が込んでいて素晴らしい。よく、あんな話を思いついたものだと感心した。 1...

ユニコーン ジョルジュ・サンドの遺言 原田マハ NHK出版

特に前知識無しで手にとったのだけど思いがけず面白かった。ジョルジュ・サンド好き、あるいはタピスリー『貴婦人と一角獣』が好きな人なら面白く読めるとと思う。小説としてしよりもファンブックとして読むのがオススメ。 ジョルジュ・サンドと『貴婦...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます。 あ行 あ行の作家一覧 あ ...

天国まではまだ遠く 瀬尾まいこ 新潮社

うーむ。どうにもこうにも受け入れ難い作品だった。一応、癒し系を意識した作品なのだと思うのだけど。もしかすると私は作者の作品とは相性が悪いのかも知れない。とても「気持ちよい小説」を装っているのだけど、私には「そんなの嘘っぱちだぁぁ」とか思えな...