Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

予定が詰まり過ぎるとそれだけでウンザリする現象。

予定が詰まり過ぎるとそれだけでウンザリする現象に名前を付けたい。

人生、暇よりもやる事が一杯あった方が良いって事は分かっている。だけどカレンダーに予定がビッシリ詰まってくると、それだけで「もう嫌だ…ちょっと休ませて」と思ってしまう。まだ、何もしていないと言うのに。

  • 夫、実家の大掃除
  • 実家の大掃除
  • 小学校の音楽クラブの音楽会
  • 体操の練習会&模擬試合
  • 体操の大会
  • 小学校の懇談会
  • 体操の冬休み短期教室
  • 冬キャンプ

なんとなく書き出してみただけでも、年末に向けて大きな予定がこれだけある。当然ながらなんとなく書き出してみただけなので、ちゃんと書いていけば他にもある。

人間は暇でいるよりもある程度忙しくしていた方が幸せだと思っている。

自分の親を例えに出すのはどうかと思うのだけど、実家の母は若い頃から家に引きこもって年がら年中、身体の不調のことばかり考えている。趣味か何か他にやるべき事があれば気が紛れるだろうと思うのだけど、本人が嫌だと言うのでどうしようもない。

お隣の家は老いた母と娘の2人暮らしなのだけど、娘は1度も社会に出たことがなく、母親と2人1組で1年中ご近所にケンカを吹っ掛けたり、我が家の監視活動に勤しんでいる。他に家族がいて忙しく過ごしてたら、ご近所とケンカしている暇なんて無いと思うのだけど、こちらもどうしようもない。

実のところ私の忙しいも知れたもので、フルタイムで働いている訳ではないので「1日中、片時も休む暇がない」ってほどではない。だけど、カレンダーに予定がギッシリ書き込まれてくると、それだけで「ああっ…なんかもう面倒臭い…」って気持ちになってしまうのだ。

きっと予定が無いなら無いで「今週は暇だよぇ。週末どうしようか?」と、それはそれで困るのだけど、あまり過密に予定が詰まると気持ち的な意味でなんだかしんどい。

年末だもの。仕方がない。

思えば今年も2ヶ月を切ってしまったのだ。忙しいのは当たり前。憂鬱な気持ち襲われている場合ではない。うーうー言ってないで、年賀状の準備を進めていこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました