Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

娘、星新一デビュー。

私と娘は読書の好みが全く違う。

娘は幼児期に私ほどお姫様話にトキメキを感じてくれなかった。外国の物語には興味を持ってくれず、ファンタジーにもハマらなかった。小学校中学年頃の女子がハマりがちな心霊や怖い本にもハマっていない。『ハリー・ポッター』は辛うじてハマったものの、あれも映画を観なければ好みの外だったと思う。

娘には小さい頃から読み聞かせをしていて、図書館で借りてきた本を浴びるほど与えてきたせいか、本の好みは違えど「文章を読む」と言うことは好きみたいだ。

現在、娘が好んで読むのは私がずっと苦手にしてきた「半径10メートルの中で起こる物語」だ。恋愛なら同世代。実際の学校を舞台にした話が好きで、中年世代が馴染んてきたシリーズで言うなら「コバルト文庫」がドンピシャな感じ。最近だったら「ヤングアダルト」の枠が好きみたい。あさのあつことか、令丈ヒロ子あたり。娘が好むのは私だったら全く興味の持てないジャンルなので、娘と本の感想を共有する事はほとんどんない。

先日、書店に行った時のこと。最近、小中学生の間でちょっとしたショートショートブームが来ているらしく、沢山のショートショートが平積みされていた。娘はショートショートに興味を持ったようなので、さり気なく星新一を押してみることに。子ども向けに編集された星新一のショートショート集をチラ見せした後、新潮文庫の星新一コーナーに誘導したところ、娘が「この本が欲しい」と言うので『未来いそっぷ』を購入した。


未来いそっぷ 星新一 新潮文庫

星新一のショートショートは家にも沢山あるけれど、せっかくデビューするのであれば「自分の本」として買ってもらった新品が良い。

私。娘を星新一にハマらせるミッションをに成功。自分が好きな物を子どもが好きになってくれるって、実に嬉しい。

人に本を勧めるのって難しい。下手に勧めてしまうと、むしろ悪い印象を与えかねない。私はよほど確信が持てる時意外は娘に自分の好きな本を勧めることはしていない。それだけに勧めた本がヒットした時の嬉しさと言ったらない。

娘は秋に11歳になる。星新一にハマるには丁度良いお年頃だと思うので、是非ともジャンジャン読んでもらいたい。そしていつか星新一について娘と語り合える日が来たらいいな…と密かに期待している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました