読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

エンジョイサマー!

48歳の夫。転職して9月から別の会社で働くことになった。

転職と言っても職種は同じ。結果的には良い転職で今より格上の会社から内定が出たので、年収も待遇も良くなる予定。だけど、これはあくまでも結果としての話。転職が決まるまで辛いったらなかった。

夫が転職活動をするのは今回で2度目。

最初の転職は4年前。働いていた会社が民事再生法を申請して事実上倒産してしまった為、転職せざるを得なかった。当時夫は43歳。技術職なのでどうにかなるだろうと思っていたものの、40代での転職は予想以上に厳しかった。それでも年収を下げることなく今の会社に転職出来たのだけど、今の会社は予想以上にブラックだった。

夫が会社を辞めたいと言ってきた時、私は反対しなかった。夫が我慢できないと言うのは余程のことだろうし、心身病んでどうにもならない状態になってから転職するのは無理なので、今のうちに逃げるのはアリだな…と。

黄金週間明けから転職活動をはじめたのだけど、これが全く思うようにはいかなった。その時夫は47歳(転職活動中に48歳になった)。いくら技術職と言っても45歳を越えると転職活動はさらに厳しくなる。

転職活動をスタートした頃、夫は「転職先が決まったから退職するよ」と言っていたのだけど「もう無理。我慢出来ない」と、7月中に退職を表明。8月末で退職することになり、溜まりに溜まった有給休暇を消化するため7月末で事実出社しなくて良くなった。

想像してみてください。

これからお金が入り用になる子どものいる一家の大黒柱がもしかしたら無職になるかも知れない…と言うプレッシャーを。

不安が無いと言えば嘘だけど、私は独身時代にお金の苦労は散々経験しているし「イザとなったら私が本気で働けばいいや」くらいに思っていた。夫にも「仕事決まらなかったり、決まっても年収下がるようなら私も仕事復帰するから、家事分担とか覚悟してね」と言っていた。

夫が無職を回避する事が出来て本当に良かった!

しかも夫が望む形の転職。夫が言うには「ホワイトな企業は全然違う。面接もそうだけど会社の雰囲気自体が違っている」とのこと。転職エージェント経由で相思相愛的な形で、アッサリ内定を戴いた。

ちなみに。書類選考を出した会社は50社以上(キッチリ数えていないけど100はいっていない)。面接9社目で内定をゲットした。

夫が48歳と言う年齢で転職出来たのは夫の実力だって事は分かっているけど、私は私を労いたい。

大変だったんだよマジで。面接9社目での内定ですもの。凹む夫を励ましつつ「あ~。これはいよいよ無職覚悟か」とか思いつつ、お金の算段をはじめてみたりして。結果オーライで上手くいったけど上手くいかなかったらと思うとゾッとする。

夫の夏休みが「終わらない夏休み」に突入する事がなくてホッととした。夫がこんなに長く休めるなんて、次は定年するまで無いだろうから、是非とも満喫してもらいたい。

そして私は夏休み期間中、家族のお昼ご飯と晩御飯に追われることになる。(と言うか、実のところすでに追われている)

エンジョイサマー! みなさま、良い夏休みを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました