読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

自分を甘やかしていこうと思う。

平日の朝。1人で映画に行ってみた。

地震だのなんだのと色々あって、なんとなく日記に書きそびれていたのだけれど、地震騒ぎのあった前の週の平日に1人で映画に行ってみた。

私。専業主婦になってから、かれこれ10年になるけれど、初めて平日に1人で映画に行った。

私は1人で行動するのは平気なタイプ。結婚前は映画だろうが食事だろうが旅行だろうが、1人でどこへでも出掛けて行った。友達が少なくて恋人もいなかったから…って言う背景があった事は否定しない。

しかし専業主婦になって生活は一変。日本中に沢山いるであろう専業主婦達は『サザエさん』のように平日に1人でデパートに行ったりしないし、節約志向の人達は「ママ友とランチ~」なんてことも、まずもってしない。黙々と家事や育児をこなす毎日。私の場合はそれに加えてパソコン内職。

しかし、ある日ふと思ったのだ。

「そう言えば娘が成長してから夫はなんだかんだと趣味関係で出掛けているのに、私はほとんど、そんな機会が無いな」と。

夫が趣味に熱中する事について異論はない。

むしろ「家族をないがしろにしない程度で機嫌良く過ごしてくれるなら、むしろ思い切りやっちゃって頂戴」と思っている。しかし私は…と言うと、友人と会うと言ったって年に数回。それ以外は実にストイックに過ごしている。

「私も平日に映画ぐらい観てもいいんじゃない?」と思い立ち、午前中予定してていた家事を猛ダッシュで片付けて前から観たいと思っていた『名探偵コナン ゼロの執行人』を観に行ってきた。

平日の映画館はガラガラだった。観に来ていたのは私のような主婦と学生さんだけ。おそらく「安室の女」と呼ばれる人達。「私も今日から安室の女になるの…」と覚悟を決めて映画に挑んだ。

作品自体は面白かったけれど、残念ながら安室の女にはなれなかった。個人的に安室透は好みではなかったのだと思う。イイ男には違いないけど私のタイプではなかった…って言うか。

それはそれとして。映画は良い気分転換になった。

最近、深刻ではないけれどちょっと嫌なことが続いて、鬱々していたのだけれど「また頑張ろう」と言う気持ちになれた気がする。「環境を変える」とか「普段と違うことをする」って大切なんだな…とつくづく思った。家族で遠出したり、娘と映画を観たりするのも楽しいけれど、私は私で楽しむ時間が欲しいと言うか。

ちなみに。映画の後は猛ダッシュで帰宅して家でカップ麺を食べた。ランチして帰りたい気持ちは山々だったけれど、残念ながらそこまで時間の余裕が無かったのだ。

平日の映画。これからは、ちょいちょい行こうと思う。

「自分1人だけ楽しんじゃって家族に申し訳ないなぁ」と言う気持ちもあるけれど、映画を1本観ることで、その後気持ち良く過ごせるならその方がずっと良い気がする。

私は何かに打ち込むのが好きな性格だと思う。家事にしても仕事にしても、ある意味趣味的なノリで励んでいるところがあるけれど、やっぱり人間それだけじゃ駄目だ。

今後は積極的に自分を甘やかしていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました