読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

星のこびんが見当たらない。

娘はバンダイが発売している「まほうのルミティア」と言う食玩のシリーズを愛している。

娘がはじめて「まほうのルミティア」を購入したのは昨年の2016年の2月のこと。当時の日記にもその時の様子を記している。

「まほうのルミティア」のシリーズはそれ以降もちょくちょく新しい食玩を発売していて、娘は新しいものが出るたびにお小遣いで地道に買い集めてきた。

そしてこの秋。「まほうのルミティア」でから新しい食玩が発売された。

今回は『星のこびん』と言って香水瓶のような置物で、何に使うかと聞かれると何にも使える訳でなく、ただ「可愛いから欲しい」と言う趣味のアイテムだ。

毎度「まほうのルミティア」のシリーズは地元スーパーの食玩コーナーに発売と同時に並ぶので「発売したら娘と買いに行けばいいや」と呑気に構えていたのだけれど、地元のスーパーに売っていないと言う悲劇が発生。

食玩コーナーを小さくしたのか、入荷の予定は無いとのこと。

仕方がないので「そこに行けばなんでも揃う」と思われる、自転車で遠征する距離の品揃え豊富なショッピングセンターへ行ったのだけど、そこにも置いていなかった。

何軒かのスーパーを覗いてみたものの、どこにも置いていないので発売元のバンダイに問い合わせてみたものの「商品は卸売業者に流しているだけなので販売店はお答えできない」「発売スパンの短い商品なのでタイミングを逃せば購入出来ないと思われるが、なにとぞご了承戴きたい」との釣れない返事が届いた。

これは完全に駄目な流れ。

アマゾンさんで箱買いすれば手に入るけれど娘のお小遣いでは箱買いなんて出来ないし、買ってやれない値段のものではないけれど、そういう甘やかし方はどうかと思うのでイマイチ踏ん切りがつかない。

日本橋の食玩やフィギュアの専門店に行けばあるかも知れないけれど、これも「絶対にある」とは言い切れないのかが辛いところだ。

店舗に並んでいる商品を娘が自分で選んで買うのが理想だけど、どうにも方法がなさそうなので、娘にパソコンの画面を見て選んでもらって食玩を通販しているところかヤフオクで買うしかなさそうだ。

本体は娘のお小遣いで買ってもらうとして、送料は親が出してあげる…くらいが妥協点。

たかが子どもの食玩。調べてみたところ「まほうのルミティア」は子ども向けの食玩と言う体ではあるけれど、大人のファンが多いようだ。

なのでスーパーの食玩コーナーに並べるのではなく「ネットで全種類大人買いする」が正しいあり方なのだと思う。地元スーパーで売られなくなってしまった理由もそのあたりにありそうな気がする。

たかが食玩にここまで悩まされるとは思ってもみなかった。

とりあえず「通販で購入。送料は親が負担」と言うところで娘に打診してみたけれど、娘はイマイチ乗り気になれない様子。

自分が負担するのではないけれど「そのお金(送料)があったら、もう1個買えるよね…」というとこで引っ掛かっているようだ。

もしかしたら、これを機に娘は食玩を卒業することになるかも知れない。

娘も10歳になったので丁度良い頃合いなのかも知れないけれど、こう言うちょっと幼稚なお楽しみって、子ども時代にしか許されない事なので、出来ればもう少し楽しませてあげたいんだけどな…とは思う。

【追記】
この日記をアップした日の午前中、諦めきれずに自転車ぶっ飛ばして普段行かないスーパーに遠征して無事ゲットしました。とりあえず一件落着。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました