Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

特大リュックサック。

この冬、娘はスキーキャンプに参加することになった。

スキーキャンプと言っても冬山にテントを貼る訳ではない。夏に参加した子どもだけで行くキャンプの延長で宿泊施設に泊まって日中はみっちりスキーを教えてもらうと言うプログラム。夏のキャンプが余程楽しかったらしく、学校からキャンプのチラシを貰ってくるなり行かせて欲しいと言い出した。

私は人生で1度もスキーをしたことがない。私の世代だと中学、高校の林間学校でスキーに行った人も多いと思うのだけど、過渡期だったらしく一学年下は中学生の時にスキーに行っているのに、私の年は夏山だった。高校は運動や野外活動には全く力を入れていない女子校で当然のようにスキーには行かなかった。それでも当時は『私をスキーに連れてって』等の影響で大学に入ったとたん、スキー列車に突撃した若者が多かったようだけど、運動嫌いのヲタクなのでそんな場所に行くはずもなく、スキーをしないままオバサンになってしまった。ちなみに、夫は学校からスキーをに行ったことがあるらしい。

運動嫌いの私から「とりあえず運動系はなんでもやってみたい」と言う娘が生まれたのは実に素晴らしいことだと思う。しかし私はスキーをした事がないので、スキーをした事がある人なら当たり前に知っている基礎知識を知らない。その為スキーをするにあたり準備をすれば良いのか全く分からず、送られてきた資料をチェックしたのだけど、荷物の多さに驚き、とりあえず特大リュックサックを購入した。子ども達が背負っているのを見たことがあるけれど、自分が買うことになるとは思ってもいなかった。

こいうリュックサック。長期休みになると駅のホームで背負ってる子を見掛ける。

スキーキャンプがあるのはお正月明けの冬休み終盤。それまでにスキー用のインナーウェアだの、タイツだの靴下だのを買っておかねばならない。そして娘がいない2泊3日をどんな風に過ごそうかと今からワクワクしている。夏のキャンプの時は模様がとセルフリフォームで終わってしまったけれど今回はどうしたものか。久しぶりに絵画展に行ってみるのもいいかな…とか、天保山にポケモンを捕りに行くかな…とか。

娘にとって生まれて初めてのウィンタースポーツ。思い切り楽しんできて欲しいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました