読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

10周年のお祝い金。

2月5日。私と夫にとって10回目の結婚記念日を迎える。

バブル時代なら「結婚10周年にはスイートテンダイヤモンド」なんて感じなのかも知れないけれど、私も夫も記念日にはこだわらないタイプなので特に何をしようと思っていなかった。

はじめての結婚記念日の時は写真館で写真を撮って「毎年、この写真館で写真を撮ろうね」なんて言ったものだけど、毎年どころか夫婦の記念写真なんて、それっきり1枚も取っていない。あれは新婚時代にみた一瞬の幻だったのだと思う。

そもそも1年で最も寒い時期に結婚記念日があっても、まったく気持ちが盛り上がらない。

思えばこんな時期に結婚式をするなんてどうかしてる。当時、結婚式に来てくださった方には、今さらながら申し訳ない気持ちで一杯だ。

夫とはデキ婚でもなんでもないのに、勢いだけで結婚を決めて「お願いだから結婚式をしてちょうだい」と言う義母の願いをかなえるべく「1番早く結婚式場を抑えられる日」って事だけで2月5日に結婚した。まぁ、そんな結婚でも10年続いたのだから、ありがたい事だ。

さて。前置きが長くなってしまったのだけど、夫の勤める会社では結婚10周年の時にはお祝い金として1万円支給されるらしい。

節約と言う観点からすると貯金するべきなのだろうけれど「せっかくだし、パーっと使っちゃおうよ」って事になった。

結婚記念日のお祝いなのだし「夫婦だけでデート」が理想なのだろうけれど、娘がいるので家族で何か美味しい物を食べに行く事に決定。

……とは言うものの予算は1万円。

何でも食べられそうでいて、何でも食べられない金額だ。寒い時期なので夜のお出掛けでなくランチを狙うにしても「何を食べるか」は重要な問題。もちろん1万円から足が出た分については自分達で出せば良いのだけど、そう豪遊もしていられない。

そんな訳で夫と2人「何を食べに行くか」について審議中。

たかが1万円。されど1万円。こう言う悩みは楽しくて良い。「お昼に家族で1万円かけて外食」なんてチャンス、そうそう無いと思うので後悔の無いようにしたいと思う。

最終的に何を食べに行ったかについては、また後日報告します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました