Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

出会って10年。

先日、夫の誕生日だったのだけど、夫が不意に「10年前の誕生日に白蓮さんにお祝してもらった時のことを思い出すなぁ」と言った。

夫と出会って10年!

私と夫は出会って半年ちょいのスピード結婚だったから次の結婚記念日で結婚10周年って事になる。夫に言われるまで全く気が付かなかったし、考えてみたこともなかった。

よくよく考えてみれば娘が7歳なのだから「そりゃ、そうか」って話。だけど私は夫とそんなに長く付き合っていたという感覚が全くない。「10年なんてアッっと言う間だったね」とまでは言わないけれど「えっ? もうそんなに付き合ってたっけ?」くらいの気でいる。

33歳で夫と結婚するまで色々な人と出会って、それから夫と出会った。そう思えば「夫とは付き合いが浅い」と感じるのは無理もない話なのかも知れない。

Fとは20年以上の付き合いだし、仕事関係で知り合った人達だって15年以上の付き合いだったりするのだもの。そして、夫と出会って以降はプライベートで新しい人間関係を作れていないので、必然的に「夫とは付き合いが浅い」と認識してしまうのだと思う。

夫と出会って10年経ったけれど10年前よりもずっと付き合い安くなっている。

これから先どのくらい夫と一緒に暮らせるのだろう? いつか「夫とは長い付き合いになったものだなぁ」と感じる日が来るのだろうか。

「私は一生1人で暮らすのだろうなぁ」と思っていたのに1人の人と10年も一緒に暮らしてきただなんて奇跡のように思えてならない。もしかしたら他のご夫婦もそう感じているのかも知れないけれど。

10年後。50代に突入した私は何をしているのだろう?

順調にいけば娘は生意気盛りで、親がウザったくなっているはず。10年前に今の自分を想像出来なかったように、10年後の自分を想像するのは難しい。とりあえず、このサイトは続けていたいな……と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました