Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

流し素麺マシーン。

この夏、我が家は流し素麺マシーンの導入に踏み切った。

昨年はペットボトルを繋げて流し素麺をしたのだけど、ペットボトル方式だと流し素麺が盛り上がってくると、マシーンが破損して大変だった。

ネットで調べてみると、家庭で流し素麺をする場合、雨樋を利用すると良いと知ったので夏休みを前にホームセンターで雨樋を購入。640円だった。

そして先日、初めて流し素麺マシーンを使って流し素麺大会を開催した。

娘のお友達を招いての流し素麺大会。家族ぐるみでお付き合いしてきたお友達が引越しすることになり、ご両親とも引越しの準備だの新しい住まいの掃除だのに忙しいとのことなので「じゃあ1日うちで預かるよ」って流れになったのだ。

お昼は流し素麺。オヤツはかき氷。夜はカレーライスと夏のお楽しみスペシャル。

この夏初めての流し素麺は大成功だった。いつも食べている素麺と味は全く変わらないのに、流してやるだけで盛り上がる。ブルーシートを敷いたり、雨樋を固定したりと施工するのが面倒だし、後片付けも面倒だけど、レジャーだと思えばアリだ。

それにしても雨樋で流し素麺をしようと最初に思いついた人は天才だと思う。風流を極めるなら竹を切ってするべきだろうけれど、流し素麺をするのに竹を手に入れるのは難しい。

雨樋ならホームセンターで誰でも買えるし、カビが生えたりするリスクも無い。この夏は流し素麺にハマりそうな予感。

……とは言うものの、本音を言うと私は素麺が大好きなので、落ち着いた環境でゆっくりと素麺を食べたい。子どもたちがお腹いっぱいになった後、流し素麺マシーンの横でザルに入った流し素麺と、残った具材で素麺を食べるのはちょっぴり切ないものがある。

ま。これもあと何年かの期間限定だろうから、娘が喜んでくれる間はひと肌でもふた肌でも脱ごうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました