読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

爆弾 呉勝浩 講談社

記事内に広告が含まれています。

『爆弾』は2023年度「このミステリーがすごい」の国内編第1位。「ミステリが読みたい!」の国内編第1位に選ばれた話題作。巷で「すごい」と評判なので、ミステリが苦手なのに「じゃあ、読んでみるか」って気持ちになって手に取った。

…結果。確かに面白かった。

会話劇とか好きな人はハマるんじゃないかな。三谷幸喜とか好きそうな印象。

スポンサーリンク

爆弾

ザックリとこんな内容
  • 些細な傷害事件で、とぼけた見た目の中年男、自称「スズキタゴサク」が野方署に連行された。
  • たかが酔っ払いと見くびる警察だがスズキタゴサクは取調べの最中「十時に秋葉原で爆発がある」と予言する。直後、秋葉原の廃ビルが爆発する。
  • スズキタゴサクは「ここから三度、次は一時間後に爆発します」と宣言。警察は爆発を止めることができるのか。

感想

連続爆破犯と警察との頭脳勝負…って感じの物語だった。「…って感じ」とふんわりした表現を使ったのは、頭脳勝負だけでなく物語中にはメッセージ性が込められていたから。

イッキ読み出来る面白さだったし、骨太な内容でもあった。

爆弾犯「スズキタゴサク」のキャラクターがムカつくくらい素晴らしい。小説に登場する頭脳犯・知能犯は容姿端麗であることが多いのだけど、見た目的には最悪な男で喋り方も鬱陶しい。だけど、その鬱陶しさが妙にリアルで「ああ…こんな人いるかも」って思わされるところが凄い。もっともスズキタゴサクはただの鬱陶しいオッサンではなく警察に頭脳戦を仕掛けてくるような人物ではあるのだけど。

ネタバレを避けたいのでスズキタゴサクのやりたかった事と、事件の真相に触れる部分は伏せるとして。

特に面白かったのがスズキタゴサクと類家との掛け合い。スズキタゴサクと清家の掛け合いも面白かったけれど、清家がは本質的に警察官としてスズキタゴサクに向き合っていたのに対して、類家はスズキタゴサクに警察官と容疑者を越えた関係を築いていたんじゃないかと思う。

個人的には女性警官の倖田沙良に好感を持った。倖田沙良を主人公にした小説が出来そうなくらい掘り下げられたキャラクターで読んでいて何度も「頑張れ!」と応援するような気持ちになってしまった。

『爆弾』には様々な要素が入れ込んであって、それが綺麗に生きていたと思う。

  • サイコパスの考える犯罪
  • 日本の抱える社会的な問題
  • 人間なら誰もが抱えているだろう心の闇

謎解きミステリとしても面白かったけれど、それ以上に人間の暗い部分に踏み込んでいたところが良かった。イッキ読みしてしまったので、改めてじっくりと2週目に取り掛かりたいと思う。

作家名・作品名等で検索出来ます
50音別作家一覧はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で