読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

どんどん褒めて欲しいの。

記事内に広告が含まれています。

ある日、娘が「幼稚園の頃は良かったなぁ~。だって何やっても褒めてもらえたもん。簡単なお手伝いしても褒められたし、ちょっと良いことをしても褒められた」と愚痴をこぼした。

……今の娘はそんなに褒められてないのか?

自慢でしかないけど娘は親に似ず成績が良くて運動ができる。中学校3年間オール5だし、たぶん…だけど学校でも、なんだかんだ褒められていると思われる。陰キャで厨二病をこじらせて「世界が滅びればいいんだ」と半ば本気で思っていた母とは随分違う。

それはそれとして。仮に娘が家の外では褒められてないとしても、家での娘はけっこう褒められている気がする。

  • 弁当箱自分で洗ってて偉い!
  • 今日は言われなくても早く寝て偉い!
  • さっさとお風呂入って偉い!
  • 加湿器に水入れて偉い!

…これって…幼稚園の頃と同じなのでは?

私は娘に「加湿器の水入れて褒めらるとか、幼稚園児と変わらないのでは?」と言ったところ、娘は言った。

お母さん。不良がたまに掃除すると褒められるよね?普通の人は掃除するのなんて当たり前だから褒められないけど、不良は褒めてあげないと、いつまで経っても掃除する人間にならない…って分かっているから、褒めることで「これからも掃除しようね」って方向に持っていくんだよね? 私もそれと同じなんだよ。だから、これからもどんどん褒めて欲しい。

……あ…はい。分かりました。どんどん褒めます。

私は子育てに関して意識高い系ではなかったけれど「自己肯定感の低い子にならないよう気をつけたい」と常々思っていて、それに向けての努力は怠らなかった。

その成果が実ったのか、娘はどちらかと言うと自己肯定感の高い子に育っている気がする。だけど…ちょっと自己肯定感が高過ぎるでは?

色々と思うところもあるけれど「どんどん褒めて欲しい」なんてことは親にしてか言えないと思うので、これについては娘の希望通り、今後もどんどん褒めていこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で