Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

羊の引越と彼岸桜。

この週末。大阪はとても暖かかった。「春がきた!」と言っても良いくらいの心地良さ。

土曜日、日曜日のどちらとも外へ出掛ける。土曜日の午前中は夫のスーツを買いに行き、午後からは近くの公園へ。日曜日は娘と2人でサイクリングで緑地公園へ。夫は家で資格試験の勉強。

サイクリングで緑地公園へいく道中、住宅地なのに羊を飼育しているところがある。

緑地公園に行く時は羊を見るのを楽しみにしていたのだけど、羊が飼育されていた場所は宅地化されていて羊の姿は見当たらなかった。

近くを散歩しているお年寄りの話によると、羊の飼い主は近辺で沢山土地を所有している地主とのこと。羊は別の場所で飼われているらしいのだけど、今どこにいるのかは不明。羊は今までも近辺を何度か引っ越ししている模様。

これは在りし日の羊。
0322

お年寄りに聞いた「飼い主が所有していると思われる田んぼと空き地」の近辺を見に行ってみたけれど、羊の姿は見当たらなかった。

羊は今頃どこで暮らしているのだろう?

大阪の住宅地の真ん中で羊が飼われているってだけでも不思議なのに、その羊は引越を繰り返していると言う。なんなんだろうなァ……この感じ。明け方に見る辻褄の合わない夢のように、おぼつかない。

緑地公園で娘を遊ばせながらシートの上で読書など。お弁当おお菓子を食べたり、ちっとも続かないバドミントンをしたり。桜の花はまだまだ早いけれど、彼岸桜が美しかった。半袖で走っている子どももいて、春を感じさせてくれる1日だった。

春って本当にありがたい。特別な物が何もなくても、外にシートを敷いてお弁当やお菓子を食べるだけでも気持ちが晴れる。

そろそろ本格的なピクニックシーズンに突入。金曜後ごとに冷蔵庫にあるウィンナーの在庫を確認する日々がやってきた。

……とは言うものの、今週は寒の戻りで寒くなるとのこと。

この寒さが最後になるといいなぁ……と期待している。今週も頑張ろう……って事で今日の日記はこれにてオシマイ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました