読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

暑くてご飯を作りたくないでござるの病気。

今年はいつまで経っても梅雨入りせず、梅雨入りしてもザブザブ雨が降るでもなく、そうかと言って明けるでもなく。

「今年は本当に夏が来るのかな?」と心配になってしまうほど涼しい日が続いていたのに、梅雨明けしたとたん猛暑である。

今ままで涼しかっただけに、暑さがよけいに堪えている気がする。

暑い暑いと言っても、死ぬほど暑いのはせいぜい1ヶ月程度のこと。娘の宿題だの、レジャーだの、盆参りだのと言っているうちに暑さのピークは過ぎてしまうと思うのだけど、真っ只中にいる時はやっぱり辛い。

とにかく日中は出来るだけ外に出ないことにして、買い物等の用事はなるべく午前中に済ませるよう意識している。実際はそう上手いこといかないのだけど。

暑くなっくると、億劫になるのが食事の支度だ。

私は暑さよりも寒さの方が苦手なのだけど、寒い時期に台所に立つのは苦痛じゃない。水が冷たかったり、足元が冷えたりするものの、鍋から湯気が立ち上っている光景を見るのは悪くないし、煮込み料理などをしていると台所もほんのり暖かくなる。

だけど暑い時の台所仕事はそうはいかない。暑い…ただただ暑い。揚げ物とか炒めものは地獄だ。

近所の人と話をしていると「暑くて食欲がなくて」とか「暑いから簡単に素麺(冷やし中華)にしたわ~。家族もその方が喜ぶし」みたいな話を聞くのだけれど、夫も娘も一向に食欲が落ちる気配がない。

これは今年に限ったことではないのだけれど、夫も娘もよほど体調を崩さない限り「食欲がない」なんて状態にならないのだ。

さらに言うなら、娘は麺類を好まない。お米大好きお米人。

焼きうどんとペンネは喜んでくれるけど、素麺、冷やし中華、パスタは喜ばないため「お昼は簡単に素麺(冷やし中華)だけ」なんて作戦は使えない。


毎日、ご飯作るのが嫌過ぎる。私の作ったご飯を家族が美味しく食べてくれるのはありがたい事だと分かっているけど、作る人間は楽じゃないのだ。

嫌々ながらも3食きっちり作って、しっかり食べる生活は私自身の健康のためには良いのかも知れないな…とは思う。たぶん私。自分1人だったら、それこそ「素麺だけ」で過ごしてしまう気がする。

それにしても涼しくなるのが待ち遠しい。

暑くてご飯を作りたくないでござるの病気。涼しくなったら治ると思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました