Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

twitterアカウントのロックが解除されないので新しいアカウントを作りました。

twitterアカウントのロックが解除されないので新しいアカウントを作りました。

先日「twitterのアカウントがロックされたでござる」と言う日記を書きましたが、ロック解除が出来そうにないので新しいアカウントを作りました。

旧アカウントでフォローしていた方は出来るだけフォロー復旧するつもりですが、1日に大量のアカウントをフォローすると凍結されてしまうとのことなので、少しずつフォローをしていく予定です。

「新しいアカウント、フォローしてやってもいいぞ」と言う方はフォローお願いします。→新しいアカウント

今日は長々と経緯と恨み辛みを書き記すので、興味のない方はスルーしてください。

スポンサーリンク

twitterのアカウントがロックされてしまった

「twitterのアカウントがロックされた」または「凍結された」とって聞くと、一般的には「そりゃあ、あんたが悪いことしてたからでしょ?」と思われることかと思います。

しかし私はtwitterルールに違反するようなことは1つもしていません。

現在、ロックされた旧アカウントは、ログインする事が出来ませんがTweetとプロフィールの表示が出来ます。

現在の旧アカウントの様子をご覧ください。

ロックされた旧アカウント

ロックされた旧アカウント

  • アカウントは9年前に開設
  • Tweet数は7645(平均すると1日あたり2.3Tweet)
  • フォロワーは113
  • 今となっては確認できないけれどフォローは100ちょっと

twitter歴からするとフォローもフォロワーも少なめだと思います。

そもそもtwitterアカウントはこのサイトと同じく「言いたいことを、言いたい時に言って、趣味の合う人と仲良く出来たらいいな」くらいのスタンスで楽しんでいて「承認欲求」とか「有名になりたい」的な欲は無いんですよね。

なのに、どうしてアカウントがロックされてしまったのでしょうか?

twitterから自動化作業と認定されたっぽい

twitter社からはこんなメールが届きました。

twitter運営からのメール

twitter運営からのメール

要するに「このアカウントは機械的に作業してるからロックしたよ」ってことです。

普通にtwitterを使っていると「機械化? 自動化? 何それ美味しいの?」って感じなのですが、twitter界隈にはtwitterを使って悪いことをする人が沢山います。

よく知られているところだと、アプリを連携したことがキッカケで乗っ取りに合う…とか言うアレです。(私も乗っ取りは1度経験していて、一瞬レイバンのサングラスを売りつけるアカウントになっていた事があります)

twitterは最近、運営ルールを厳しく設定していてシステムで自動化をロックするようになっているのですが、何もしていないのに巻き込まれるケースが多発しているようです。

グーグルで「twitter ロック 何もしていない」で検索すると33,200,000 件ヒットする始末。

グーグル検索の結果

グーグル検索の結果

twitterのアカウントがロックされた場合、電話番号を入力して解除出来るケースもあるのですが、私の場合他のアカウント電話番号を登録していた為、ロック解除に電話番号を使えなかったんです。

twitter運営にはロックの異議申立フォームがあるので、事情を記載して異議申立をしてみました。

……が、自動返信が届いただけで全く音沙汰がありません。

アカウントロックされてしまつた人の体験談を参考に何度か問い合わせしてみたり、英文でメールを送ってみたりしたのですが絶賛放置中です。

  • 1ヶ月放置されています
  • 半年放置されています

……みたいな人がワンサカいて「こりゃあ、待ってるより新しいアカウント作った方がいいな」と諦めることにしました。

WEB上の無料サービスの弱点

私達はtwitterにしても、グーグルにしてもWEB上の無料サービスを使って遊んで
いる訳ですが、無料には無料のリスクがあります。

突然サービスを終了されても、不本意な凍結(ロック)をされても、どうしようもないんですよね。

ブログやWEB日記のサービスが突然終わったり、全盛期は個人サイトで溢れていたYahooのジオシティーズも無くなっちゃってます。

日本人って何かにつけて律儀なので「質問したら答えてくれるのが当たり前でしょ?」みたいな思い込みがあるのですが、世界的にはそうじゃない。

twitterの場合、電話の問い合わせ窓口はありませんし、メールでの問い合わせにしにしても自動返信があるだけで人間が返してくれなかったりします。

一応公式的には「人間のスタッフが常駐していて対応させて戴きます」と言うことになっていますが、眉唾ものです。

100歩譲って「大事なところは人間が対応している」としても圧倒的に人手が足りていないのでしょう。

こう言った体制の杜撰はtwitterだけでなく、グーグルもフェイスブックも同じです。フェイスブックに至っては問い合わせフォームさえ設置していません。

WEBを使って遊ぶのであれば「WEBサービスは永遠ではない」って事を頭の片隅にでも置いておく必要がありますね。

残念ですが泣寝入りです

9年間も楽しんできたアカウントが使えなくなってしまったのは残念ですが泣寝入りです。

「仕事じゃないんでしょ?遊びだからいいじゃない?」って話ですが、私はタモリさんじゃありませんが「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」くらいの気持ちでやっていたので、ガッカリ感は半端ありません。

フォロワーさんのリストからフォローを復旧されると言っても、こちらから片思い的なフォローをしていた人の場合、有名人でもなければ見つけられないだろうし。

凹んでいても仕方がないので「色々リセットするタイミングだったんだ」と自分に言い聞かせて、気持ちを切り替えて出直します。

ここまで長々と読んでくださって、ありがとうございます。これからも仲良くしてやってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました