Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

雨の日曜日。伏見稲荷大社へ。

この週末。大阪は生憎の雨模様。今年は梅雨入りが遅くてどうなる事かと思ったけれど、それでもちゃんとやって来た。

せっかくの日曜日なのに雨。しかも予定無し。雨の日の娯楽と言うと映画を思い浮かべるのだけど、娘の観たい夏休み系の映画の上映はまだ先。

と、夫が唐突に「俺、娘とスポッチャ行ってくるから、たまには1人でゆっくりしたら?」と言ってくれた。大阪、千日前のスポッチャは早朝割引サービスがあり、お昼12時までに退出するとお得な価格で遊び放題。

私も一緒に行けば良さそうなものだけど、もともと私は運動大嫌い人間なので、我が家においてスポッチャは「父と娘の娯楽」って感じになっている。

そんな訳で夫と娘は朝5時半に起きて早朝のスポッチャへと旅立っていった。

スポンサーリンク

雨の伏見稲荷大社紀行

最低限の家事を片付けて「さあ、私はどうしようかな」って事になったのたけど、何も思いつかなかった。

独身時代はちょくちょく行っていた「西洋茶館」と言う紅茶の美味しい喫茶店にお茶でもしに行こうかとも思ったのだど、雨の中わざわざ電車で出掛けて行くのに目的が「紅茶とケーキ」だけではちょっと寂しい。

都会の神社巡りでもしようかな…と下調べしていたら、ふと私の中で「そうだ、伏見稲荷大社に行こう」と言う気持ちが盛り上がってしまった。

思い立ったが吉日的な

「よし行こう!」と決めたら居ても立ってもいられなくなって、戸締まりして家を出てダッシュで電車に乗り込んだ。単独行動だとサッサと動けるのが良い。

そして伏見稲荷大社。到着時、ラッキーなことに雨は降っていなかった。

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

ここ数年、伏見稲荷大社は千本鳥居が外国人観光客に大人気で、いつ行っても人でごった返していると聞いていたけれど、悪天候のおかげで覚悟していたほどの人出ではなかった。

6月30日と言うことで夏越の祓(なごしのはらえ)が行われるらしく、茅の輪か準備されていた。残念ながら、茅の輪くぐりの時間ではなかったらしく、茅の輪は写真だけパシャリ。

伏見稲荷大社千本鳥居

伏見稲荷大社千本鳥居

そして外国人観光客に大人気の千本鳥居。ポツポツ雨が降ってきたにしては、けっこうな賑わい。

人の多さに嫌気が差したので脇道にそれた。

伏見稲荷大社の脇道

伏見稲荷大社の脇道

伏見稲荷大社は千本鳥居以外にも色々参道があるので、せっかく参拝するのなら色々なルートを楽しむのもアリだと思う。参道は昨年の台風の影響でまだ倒木がそのままになっていたりした。

伏見稲荷

伏見稲荷脇道より

伏見稲荷大社は本殿以外も沢山お社があるので、いくつかお参り。だけど、途中で雨が強くなってきたので早々に撤収。

雨のお陰で帰りの千本鳥居は一瞬だけ観光客の途切れた瞬間があったのはラッキーだった。

 

伏見稲荷大社。一位守

伏見稲荷大社。一位守

前から欲しかったお守りを戴いて、伏見稲荷を後にした。京都市内を観光しても良かったのだけど、天気も悪いし、体力的にもしんどいし…って事で大阪へ。

お昼ごはんは夫と娘と合流して、家族でサイゼリヤへ。

夫と娘もスポッチャで楽しい時間を過ごしたみたい。たまには父と娘だけの時間を過ごしてもらうのって良いのかな…と思う。

夫のおかげで、雨の日曜日が予想外に楽しい1日になった。

家族と過ごす時間も好きだけど、自分1人で過ごすのも好きだ。「えっ?主婦だから時間なんて腐るほどあるでしょ?」と思われるかも知れないけれど、平日にさらっとデパート出掛けてランチする主婦なんてサザエさん時空にしか存在しない。

思いきりリフレッシュ出来たことだし、今年後半も頑張っていきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました