Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"連城三紀彦"

恋文 連城三紀彦 新潮文庫

実際に読んだのは、ずっと前のことだし私が持っているのはハード・カバーだけど、お手軽に、文庫版をご紹介ってことで。『恋文』は恋愛小説が得意でない私が今まで読んできた中で、いっとう愛している「とっておき」の恋愛小説である。 物語を簡単に説...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

火花 又吉直樹 文藝春秋

昨年、芥川賞受賞で話題になったピース又吉のデビュー作。流石にブームも落ち着いたらしく、図書館でも予約なしで読めるようになったので手に取ってみた。若手漫才師の先輩と後輩の青春と挫折を描いた作品。今さらながらに読んでみたいのだけれど、私にはこの...
日記

雑巾を買う。

ホームセンターで10枚入298円で雑巾を買った。 雑巾なんて今まで生きてきてほぼ買った事が無かったのだけど、とうとう私も雑巾を買う人間になってしまった。これまでは古いタオルや、どこかで貰った社名の入った薄いタオルをせっせと縫って雑巾を...

オネスティ 石田衣良 集英社

なんだか酷過ぎる話だ。私は好きだけど好き嫌いがキッパリ別れる作品だと思う。「どんな秘密もつくらない。お互い大好きだけど、恋愛も結婚もしない」と約束する男女の幼馴染の物語。小説の定番ネタとも言える「魂の双子」的な感じ。結婚よりも強い結びつきを...

陰日向に咲く 劇団ひとり 幻冬舎

今さらながらのベストセラー本。図書館で予約していたのが、やっと手元に届いた。「お笑い芸人に小説が書けるのかな?」という好奇心で読んでみたのだけれど、想像していた以上に面白かった。最近すっかり見なくなった「昭和の香りのする作品」だった。お洒落...