Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"松尾スズキ"

老人賭博 松尾スズキ 文藝春秋

演劇関係者特有の「悪い部分」がふんだんに盛り込まれた作品だなぁ……と言う印象の作品。前回読んだ『クワイエットルームにようこそ』は悪趣味ながらも面白いと思ったものだけど、この作品は駄目だった。 面白くない訳ではない。「話術」と言う意味で...

クワイエットルームにようこそ 松尾スズキ 文藝春秋

悪趣味な感じの悪趣味な読み物だと思う。精神病院の閉鎖病棟に強制入院させられた女性の物語なのだけど、こういう類の物を読んで「面白い」って思ってしまう自分に、ちょっと凹んでしまった。 演劇畑の人が書いた作品らしく、話の転がし方や会話のテン...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

すっぽん心中 戌井昭人 新潮社

平凡に生きる人の日常生活を切り取った3つの作品からなる短篇集。表題作は芥川賞の候補になったとのこと。受賞出来なかったのは残念に思うけれど、候補になるだけの作品だと思った。 表題作の『すっぽん心中』は交通事故の鞭打ち症で治療中のある男が...
本の話

2013年の読書総括

今年1年間に読書録に感想を書いた本は50冊。昨年より沢山の本を読む事が出来たのだけど読書の質は昨年以下かも知れない。改めて題名を見返しても「これって、どんな話だったっけか?」と頭を抱える作品がいくつかあったりする。以下は今年読んだ本の題名。...