Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

チョコレート愛。

チョコレートの美味しい季節がやって来た。

私はチョコレートが大好きだけど、暑い時期は流石にチョコレートを食べたいとは思わない。「チョコレートが好き」と言っても、チョコレートケーキとか、クッキーにチョコレートがかかったようなチョコ菓子は好きじゃなくて、とにかく純粋なチョコレートが好き。

特に珈琲を飲みながらつまむチョコレートは最高。どちらかというと紅茶派なのだけど、濃厚なチョコレートを受け止めるには紅茶だと力弱い気がするのだ。

ここ数年、猛烈にチョコレートが好きなのだけど、若い頃はチョコレートよりもケーキの方が好きだった。

「チョコレートって美味しいけれど小さくて物足りないのよね」と言うのが理由。しかし加齢と共にケーキを食べるのが重たくなってきて(もちろん嫌いではないけれど)、私の中のチョコレート愛がどんどん熱くなっている。

普段は冷蔵庫に森永製菓の『ダース ブラック』を常備していて、パソコンで作業する合間にちょこちょこつまんで食べている。

でも最近、気になって仕方がないのが明治の「ザ・チョコレート」。ツイッターを眺めているとイラストと共にわんさか流れてくるので、すっかり洗脳されてしまった。

スーパーで売っているレベルのチョコレートにしては高価とのことだけど、買って買えないものじゃない。それなのに今まで手が伸びなかったはのこのチョコレートが板チョコだってところが気に食わないから。

実のところ板チョコだって嫌いじゃないのだ。だけど板チョコって一度封を切ったが最後、全部食べたくなっちゃうのが問題。

まして「ザ・チョコレート」は板チョコの部分によってギザギザ(模様)の入り方が違っていて、口溶けとか食感が違うとのこと。これは一気食い不可避ではないか。

チョコレートは大好きなのだけどカロリーと吹き出物が気になるので「ほどほど」に食べる必要がある。

だって私は45歳のおばちゃんだもの。食べたいだけ食べても平気な時期はとっくに過ぎてしまっている。

だけど、きっと今年は我慢出来ずに買ってしまう気がする。

その時、どんな風にチョコレートと向き合うかが重要。「美味し過ぎてハマっちゃって、もう大変」なんて自体だけは避けたいところ。私の自制心が問われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました