Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

時代劇アニメ『鬼平』が素敵過ぎる件。

今期は私の好みのアニメが少なくて少し寂しい。しかし視聴を続けている作品はかなり好き。今期スタートした作品の中で追えているのは『幼女戦記』『小林さんちのメイドラゴン』『鬼平』の3本のみ。前の2作品はアニメ好きでもなければオススメ出来ないけれど『鬼平』は池波正太郎の『鬼平犯科帳』が原作の時代劇アニメなので、時代劇好きな方にも猛烈にオススメしたい。

私はおばあちゃんっ子で幼少期に祖母と2人で平日の昼間に再放送の時代劇を観て育ったせいか時代劇が大好きだ。時代劇と言うと『水戸黄門』とか『暴れん坊将軍』とか『遠山の金さん』あたりを思い浮かべる方が多いと思うのだけど、時代劇全盛期は『必殺仕事人シリーズ』の先駆けとなったのではないかと思われる大人向の時代劇がけっこうあった。『影の軍団』とか『隠密同心』なんかは、エロあり、暴力あり、拷問ありでゴールデンタイムに放送されていた時代劇からすると、随分アダルトな時代劇だったと記憶している。

残念ながら今や時代劇は風前の灯火と言っても良い。大河ドラマが時代劇と言えなくもなく、後はNHK時代劇くらいで、民法の時代劇は壊滅状態。そんな中『鬼平犯科帳』原作の『鬼平』が放送されるとあらば、時代劇好きとしては見逃す訳にはいかない。

アニメ『鬼平』は大人向に仕上がっていて時代劇ファンなら充分に楽しめるかと思う。一話完結なのでどこから観ても大丈夫。アニメと言っても落ち着いた作風で映像が実に美しい。池波正太郎が原作なので『水戸黄門』とか『暴れん坊将軍』のような華やかさは無いけけど、渋い時代劇が好きな方には是非と視聴して戴きたい。

私は毎週『鬼平』を楽しみに観ているのだけど『鬼平』を観ていて時代劇が廃れてしまった理由と、私が時代劇から離れてしまった理由を考えてみた。時代劇が廃れたのは「ワンパターンに飽きられてしまったから」と言われるけれど、私は役者さんの高齢化が理由ではないかと思っている。

例えば。幼少期にワクワクみていた『暴れん坊将軍』。将軍様(松平健)の若い頃ははだけた胸元が引き締まっていてかなりカッコイイ。しかしシリーズ最後の方になると、ムチムチと中年太りして観ていられなかった。時代劇全盛期の後期に輝いた『必殺仕事人』のシリーズにしてもそうだ。当時は中条きよしの流し目にやられたご婦人が多かったと思うのだけど、最後の方は中条きよしもやはり中年太りと老化で魅力半減だった。若い役者さんと入れ替えが出来れば良かったのだろうけれど、時代劇はその辺のところを完全に失敗しちゃった気がする。そう。そこでアニメなのだ。アニメの人物は年を取らない。若侍は若侍のまま、お色気美女はお色気美女のままであり続けてくれる。

『鬼平』は既に実写で映像化されていないされているので「コレジャナイ」とお嘆きの方も多いかと思うのだけど、まだ映像化されていない時代小説をアニメ化したらどうだろう? 新しく時代劇を作るなら人間が演じるのではなくアニメでもいいんじゃないかな…なんて事を思ったりする。

鬼平 公式サイトはこちらから
http://onihei-anime.com/

タイトルとURLをコピーしました