読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

小学2年の娘の悩み。

ある日、娘に何気なく「Yは本当に可愛いなぁ」と言うと、娘が突然「クラスの男子達は私の事、男の子みたいって言う!」と、悩みを語りはじめた。

何度となく書いているけれど娘は超がつくほど体育会系。

とても活発で同じ年齢の男子が出来るような事は男子以上に出来る。近所に年の近い女の子がいなかったので、小学校に入学するまでは男の子とばかり遊んでいたので「男子の顔見知り」もやたら多い。

……とは言うものの、娘のメンタルは乙女系。髪も長く伸ばしているし、普段の服装も姫っぽいものが多い。

私も夫も「可愛い、可愛い」と言って娘を育ててきたけれど、娘自身は最近になって「お父さんとお母さんは私のこと可愛いと言うけれど、世間的に見ると私の容姿は普通なんだ」って事実に薄々気付いてきたらしい。テレビを見ていても「女子力アップの裏ワザ!」的な特集があれば食い入るように視聴している。

娘は「あのね、お母さん。クラスの男子達は私がお母さんから「男の子みたいって言われる…って言うんだけど、お母さんは1度も私の事を男の子みたいなんて言った事ないよね」とも言った。

何しろ私も夫も「可愛い、可愛い」で育てているものだから、娘からすると「男の子みたい」と言われるだなんて、それこそ青天の霹靂だったのだと思う。

だけど正直…男子達の言い分は分からなくもない。

娘は外で遊んでいる時と、体育の時間は男子以上に活発なので、男子のくくりに入ってしまうのだろう。服装も言葉遣いも女の子っぽいのだけど、行動が男子なので男子っぽく見えてしまうのだ。

私は娘に「Yはちっとも男の子っぽくなんてないよ。こんな可愛い男の子がいるわけないでしょ? だけど運動が出来るからそんな風に言われちゃうんだと思うよ」と言った。

そして、さらに付け加えた。

「あのね。残念だけどYは小学生間は男の子から可愛いって言われる事は無いと思う。日本の男の子は女の子に可愛いなんて言わないんだよ。Yを可愛いと言ってくれる男の子がいるとしたら、それはYと両思いになった男の子だけだと思うよ」

この説明で娘もようやく納得してくれたようだった。

娘もそんな悩みを持つようになったのかと思うと感慨深いものがある。

今はまだ可愛い悩みで済んでいるけれど、これからはそうも言っていられないような事も出てくるのだろうなぁ。私はその都度娘と向き合っていこうと思うし、娘にはその都度強くなっていって欲しいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました