読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

17回目の結婚記念日。

記事内に広告が含まれています。

私達夫婦は2月5日に17回目の結婚記念日を迎えた。

今年は夫婦して結婚記念日の事を忘れていて、義母から「結婚記念日おめでとう」と言われて驚いた。

夫への気持ちが冷めてしまったから結婚記念日を忘れていていた…って訳ではなくて、私も夫も娘の受験のことで頭がいっぱいだったのだ。何しろ結婚記念日の翌日(月曜日)が奈良県の私立高校の受験。その金曜日に大阪府の私立高校の受験。正直、結婚記念日どころの話ではない。

結婚記念日は当日は家族全員での確認作業。

  • 受験票はちゃんとある?
  • 持ち物は把握してる?(学校によって上靴がいらなかったりする)
  • 何時の電車に乗る?
  • 電車に乗るには何時に家を出る?
  • ICOCAチャージは万全にできてる?

……などなど。

そもそも。私達夫婦は記念日に熱心じゃない。母達や娘の誕生日は欠かす事なく祝っているけれど、互いの誕生日は毎年プレゼントを贈ってない。贈らない年もあれば、相手が喜びそうな物があれば多少高価でも「誕生日」にかこつけて贈ったりする。

毎年、結婚記念日のことは日記に記録しているけれど、どうやら記録によると、ここ数年は毎年何もしていない。夫婦のどちらかが「記念日は大切にしたい」と考えていたら不幸だっただろうけれど、夫婦して同じ方向を向いていられるのはありがたいことだ。

夫52歳。私50歳。これから何年一緒に過ごせるのか分からないけれど、これからも仲良く過ごしていきたいな…としみじみ思う。

そして毎年のように書いているけど、今年も改めて書いておきたい。私達夫婦を繋いでくれたインターネットと2ちゃんねる(現5ちゃんねる)には五体投地の勢いで感謝している。

私。インターネットが無ければ結婚ていなかっただろうし、今ほど心豊かに暮らせていなかったと思う。インターネットには全て揃ってる。インターネットの恩恵を受けまくった人間が言うのだから間違いない。(異論は受け付けない)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で