Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

真昼の花火 吉村昭 河出書房新社

吉村昭の未発表作品集。

吉村昭は亡くなってから何年も経っているので、図書館で見かけた時は「あぁ…まだ、この人の知らない作品が読めるんだ」と、昔の恋人に再会したような甘ったるい気分になってしまった。

本にしても作家にしても1度好きになってしまったら永遠に好きだ。

スポンサーリンク

真昼の花火

created by Rinker
¥14,065(2019/09/21 01:50:45時点 Amazon調べ-詳細)

家業であった繊維業界に材を取った、構造変化に伴う新旧のあつれきをえぐる、人間ドラマであり産業小説でもある表題作ほか、自伝的要素の濃い単行本未収録小説集。

アマゾンより引用

プロの書評家の評価だと、なかなかの高評価のようだけど、ものすごく良いと言うほどではないと思う。

小説を書く職人、吉村昭らしい手堅い短編集。

面白いと言えば面白いし、普通と言えば普通。地味だがじっくり読ませる文章は「いつも通り」という印象。しかしファンには、むしろそれが良い。

短編集なので、数作品が収録されているのだけれど、私がいっとう心を魅かれたのは、あるボクサーの生きざまを描いた作品。

実は以前、吉村作品で似たようなテーマを描いた『孤独な噴水』という作品を読んで、面白くない…と言うか、作者にしては描き方が雑な印象を受けたのだけど、今回はそれが洗練されていて、ボクサーの業…と言うよりは、人間の業を感じさせてくれる仕上がりだった。

後味の良い作品ではないのだけれど、久しぶりに「純文学」を読んだ気にさせてくれた。

死後に発表された作品集なだけに、思い入れ込みで「良かった」とは思うけれど、作者が最も脂ののっている時期に書かれた作品集と比べると、やや力不足感があるのは否定出来ない。

……とは言うものの、ファンにとっては嬉しい1冊だと思う。

吉村昭好きの人にはオススメしたい。

ファン云々は抜きにしても、最近はカッチリした文章を書く作家さんが少ないので、そういう意味では貴重な作品集だと思う。吉村昭の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました