Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ラジオ・エチオピア 蓮見圭一 新潮社

私の場合、不倫物って読後の感想がバシッと2つに分かれてしまう。

「なんだかんだ言っても所詮、不倫じゃないの」となるか「不倫だけど、なんかさ…責められないよね。こういうのって。切なかぁ」となるか。

この作品は不倫物だったが「所詮不倫物」としか思えなかった。

スポンサーリンク

ラジオ・エチオピア

2002年夏、ワールドカップに浮かれ気分の東京―。僕と彼女は何度も何度も嘘をつき、傷つけ、愛し合った。

彼女からのメールにはロラン・バルトの「嫉妬するわたしは四度苦しむ」なんていう愛のメッセージが綴られていた。妻に盗み読まれていることも、知らなかった…。

ベストセラー作家が描く、狂おしいほどの恋愛小説。

アマゾンより引用

感想

ヒロインがどうにも好きになれなかった。最初から不倫だと分かっているのに、付き合いだしてから、1日に4通も、5通も長文メールを書き送るだなんて、どうかしている。

好きになったら逢いたくなるとか、書かずにはいられないってのは分かるけど、いい年したオバサンが不倫するんだから、分別を持とうよ……とツッコミを入れてしまった。

これがまた「命賭けの恋」という勢いなら、まだ納得はいくのだが、正真正銘「ただの不倫」である。

両者とも大量のメールを交わしていて「精神的に繋がっている」風に描いているのだが、私にはお互いの自己満足を満たしているようにしか思えなかった。

日記を書いて自己満足に浸るレベルと言っても過言ではない。遊びの恋なら、最初から辞めておけばいいのに。

男も、女も、私には嫌いなタイプだった。

最近の「読書好調の波」に水を差すような、感じの悪い1冊だった。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました