Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

花芯 瀬戸内寂聴 講談社文庫

瀬戸内寂聴の作品は、かなりの冊数を読んでいるのに読書録には1冊も上がっていなくて、今更ながら驚いた。

「ものすごく好き」というほどでもないのだけれど、ちょっと読むものに詰まったりして、タイミング良く平積みになっていたりすると、気楽に買ってしまう作家さんだったりする。

スポンサーリンク

花芯

「きみという女は、からだじゅうのホックが外れている感じだ」。

親の決めた許婚(いいなずけ)と結婚した園子は、ある日突然、恋を知った。相手は、夫の上司。そして……。

平凡な若妻が男性遍歴を重ね完璧な娼婦になっていく姿を描き、発表当初「子宮作家」のレッテルを貼られ文壇的沈黙を余儀なくされた表題作他、瀬戸内晴美時代の幻の傑作5編を収録。

アマゾンより引用

感想

表題作を含めた短編集だったが、私は表題作よりも、もっとも短い収録作品『いろ』の方が印象的だった。

顔の左半面に火傷の痕がある美しい三味線の女師匠と、21歳年下の男との恋物語である。ここまで設定が奇抜だと「ありえねぇ…」を通り越して「あら、まぁ」という感じで読んでしまった。

だいたいからして私は年の差カップル物が好きなので点数が甘くなっている……という部分はあると思うのだけど。

銀次郎が師匠であり愛人でもある、るいに寄せる想いの強さにはグッときてしまった。

また、自由奔放そうに見えて本当は尽くし型だったるいの気持ちが、痛いほど伝わってきて久しぶりに胸キュンだった。

「だって好きなんだもん、しょうがないじゃないのよ」と言う、恋の基本を文章に叩き付けたような作品なのだ。なので、かなり支離滅裂でもあるのも事実だ。

せっかく人間に生まれてきたのなら、一生に一度くらい、こんな恋をしてみたいなぁ……と思わずにはいられなかった。

羨ましい。実に羨ましいぞ!

恋愛体質でない人間にとって恋に熱い人々は羨望せずにはいられないのだ。久しぶりに、ドップリと乱暴な恋愛を堪能させてもらった気がする1冊だった。

瀬戸内寂聴の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました