Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まるむし商店磯部さんのクレイアニメ教室に参加してきました。

まるむし商店磯部さんのクレイアニメ教室に参加してきました。

日記の題名が「いかにも、そのまんま」なのは、今回のワークショップの素晴らしさを出来るだけ沢山の方に知って戴きたいから。

1日限定の無料ワークショップだったのですが、本当に楽しくて感激しました。

スポンサーリンク

まるむし商店、磯部さんのクレイアニメ教室

大阪の人は知っているかもですが、もしかしたら知らない人もおられるかもなので、まずは「まるむし商店の磯部って誰やねん?」と言うところから。

まるむし商店磯部さんのProfile
  • フルネームは磯部公彦。
  • 本興業の漫才コンビ『まるむし商店』のボケ担当。
  • 立ち位置は向かって右。
  • 愛称は「いそべっち」。
  • 関西を中心にテレビ、ラジオ等で活躍中。

まるむし商店磯部さんは要するに漫才師です。

私は子どもの頃からけっこう好きな芸人さんだったのですが、今まで漫才師としての顔しか知りませんでした。

どうしてクレイアニメの教室をするようになったのか、経緯は知りませんが、ユーチューブにクレイアニメの動画を公開されています。

まるむし商店磯部さんの作ったクレイアニメ
まるむし商店・磯部のクレイアニメ 『あらら』

クレイアニメ教室に参加したキッカケ

クレイアニメ教室の存在はtwitter経由で知りました。

この春、体操に打ち込んでいた娘が体操を辞めたので「この機会に色々なことを経験させたい」と思って、子ども向けのイベント情報を漁っていたのがキッカケです。

今回は大阪府柏原市のリビエールホールでの開催でした。

普通に考えて「柏原市民対象のワークショップだよね?」と思ったのですが、けっこうギリギリに情報が流れてきたので「もしかして、柏原市民じゃなくても申し込んでもいいのかも?」とダメ元で申し込んでみました。

「申し込み多数の場合は抽選」となっていたのですが、WEB申し込みをした当日にワークショップ担当者から返信がありました。

ちなみに、開催日前日にも丁寧な連絡があり「なんて至れり尽くせりなんだ…」と感激しました。

クレイアニメ教室当日

まるむし商店磯部さんのクレイアニメ教室

会場に貼っていたポスター

クレイアニメ教室は午後2時から午後4時までの開催でした。子ども対象の教室でしたが、保護者の付き添いは必須。

「マジかよ? 2時間もワークショップとか眠くなっちゃったらどうしよう…」と、ちょっぴり不安に思いつつ、会場へ。

当日は磯部さんの密着取材のカメラも入っていました。(もしかしたら私と娘もテレビに映っているかもですね)

長机にはあらかじめ資料や材料が用意されていました。

クレイアニメ教室資料

手製の資料が用意されていました

  • 資料
  • 小麦粘土(ダイソー製)
  • クレヨン
  • ハサミ・ヘラ等の道具
小麦アレルギーがある方のための別の粘土も用意されていたので、小麦アレルギーのお子さんも安心して参加出来ますね。

「小麦粘土と資料は持ち帰りしてください」との事で持ち帰ってきました。無料のワークショップだったのに恐縮です。

クレイアニメの作り方

クレイアニメの撮影は『ストップモーションスタジオ』というスマホアプリを使います。

iPhone、アンドロイド両方あるので、まずはダウンロード。

ストップモーションスタジオ

ストップモーションスタジオ

CATEATER, LLC無料posted withアプリーチ

磯部さんの説明を聞き、アドバイスを戴きながら作成していきます。

制作過程は意外と単純です。

  • ストーリーを考えて紙にカットを描く。
  • 小麦粘土でキャラを作る。
  • 撮影する。

実のところ子どもが作るので「ストーリーを考えて、キャラを作って撮影する」なんて流れは意外と上手くいきません。

撮影している途中で「あ。やっぱり、これも出したい」となって、キャラを増やしたりするのも、あるあるだと思います。

最初「2時間も大丈夫かな?」と心配していましたが、むしろ2時間なんてアッと言う間で、時間が足りないくらいでした。

参加してみての感想

娘は「お母さんは手伝わないで」と、夢中になって作っていました。

参加していたお子さん達、どのお子さんも夢中で作っていて、楽しく和やかなワークショップでした。200カット以上の大作を作ったお子さんもいたりして、子ども達の集中力にビックリです。

ワークショップは基本的に「子どもに作ってもらう」のが目的でしたが、私も大人げなく娘の横で合間にちょこっと作ってみました。

私が大人げなく作ったアニメはこちら

バナナが剥かれて、食べられて、ウンコになって流れてくイメージ。中年のオバサンが5分程作りました。

当然ですが時間をかけて丁寧に作れば、子どもでもかなりの作品が仕上がります。

クレイアニメ教室の磯部先生は親切&丁寧。子どものやりたい事を真剣に考えてくださる素敵な先生でした。

私の中でまるむし商店、磯部さん株が爆上げ中です。

クレイアニメは誰でも簡単に作る事が出来ますが「良い作品」「楽しい作品」を作ろうとなると、半端なく手間暇が掛かります。

普段、ぼんやり観ているアニメーションがどうやって作るのかを知るだけでも勉強になりますし、単純に「何かを作る」ことを楽しむのもアリです。

クレイアニメ教室は子どもにとって良い経験だと思います。

まるむし商店磯部さんのクレイアニメ教室は各地で開催しているようなので、今後も関西圏で開催する可能性があるかもです。

子ども向けイベントとしては個人的に超オススメです。

今回は無料で参加させて戴きましたが、有料でも参加する価値はあるかと思います。

クレイアニメ教室は定期的に開催している訳ではなさそうですが、興味のある方はHPやtwitterをチェックしてみてください。

磯部さん&スタッフの皆さんには大感謝です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
工作
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました