Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

美しい心臓 小手鞠るい 新潮社

ツイッターで良さげなツイートがガンガン流れてきたので手にとってみた。

「悪魔的なまでに純粋な恋愛小説」って触れ込みだったので、ワクワクして読んだのだけど、私にはそれほど面白いとも思えなかった。

確かに一途な恋愛ではあったけれど。

スポンサーリンク

美しい心臓

死んでしまえばいい。あの人が死ねば。そう願ってしまうほど、好きだった―。好きな人の死を願うという感情は、果たして、愛情と呼べるのだろうか。もう逃れられない、愛に似て、非なるものから―。島清恋愛文学賞の傑作『欲しいのは、あなただけ』を超えた、恋に溺れ、欲望に囚われた女と男を描く、本物の愛の物語。熱い恋を求めてやまない大人のための恋愛小説。  アマゾンより引用

感想

そんな風に書いてしまうと身も蓋もないのだけれど、要するに不倫小説だ。

男性側が既婚者で女性側が未婚(途中で離婚するので、はじまりはダブル不倫)。美男美女カップルではなくて、むしろどこにでもいそうな男女ってところが良かったのかも知れない。

確かにリアリティはあると思う。

小手鞠るいは初めて読む作家さんだけど、文章は読みやすくて「上手いなぁ」って印象。丁寧だし、小物使いが抜群に良い。

しかしこの小説の核は不倫相手に対して「いっそ死んで欲しい」と願っていた女が、ラストで「生きて欲しい」と思うところにある。そこに至るまでの心のありようが丁寧に描かれていて、そのテの物が好きな人にはたまらない作品だと思う。

綺麗にまとまった作品だとは思ったけれど、しかし私には無理だった。

どうしても「しょせん不倫小説だよね」って先入観からどうしても抜け出せなかったのだ。これは単純に嗜好の問題なのだけど、不倫小説でも相思相愛で、破滅までぶっちぎっていくタイプの話なら読めるのだけど「結局のところ既婚者はズルいよね」ってタイプの話って、どうしても好きになれないのだ。

恋に落ちるのは理屈じゃないとは言うけれど、そこにずる賢い計算が入ってしまうと、受け付けないのだなぁ。大人の恋愛って、そんなものと言えばそうなのかも知れないけれど。

私は好きになれないタイプの作品だったけれど、不倫小説にしては読後感は悪くないし、秀作の部類だとは思う。

しかし私の心には全く響くところのない作品だった。

小手鞠るいの他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました